即効性に期待!「間使(かんし)」のツボ

お役に立てたらシェアお願いします!







みんなでおなかげんき!名物企画になってまいりました! 
(ぜひご愛顧くださいませ♪) 

【便秘に効くツボシリーズ】今回は「間使(かんし)」という 
腕にあるツボをご紹介します。 


このツボは便秘と言えば!と言われるレベルでメジャーなツボだそうで 
しかも即効性が期待できると言われています。 

即効性・・・なんて良い響きなんだ。 


自然と期待が高まってきますね! 


今回も写真で間使(かんし)の場所が一発で分かりますので 
記事を読んだら早速お試しくださいね。 

スポンサーリンク

間使(かんし)の場所はココ!写真で見てみよう!

間使(かんし)の位置はちょうど前腕の中心付近にあります。 

探し方は手首の横しわに反対の手の小指を当てて 
指を閉じた手1枚分の所にあります。 



指を閉じた手のひらを当てたときのちょうど親指の下あたり。 

腕の中央を筋が通っていると思いますのでその筋も目安にしてみてください。 


間使(かんし)は即効性のあるツボ!

間使を刺激するとかなり即効性があると言われています。 

トイレで座りながら押せ! 

と説明しているサイトもあるくらいです。 


腸のぜん動運動を活発にしてくれる効果が期待できるツボなので 
トイレに行きたくなったらすぐ行けるような時に押したほうが良いのは事実だと思います(笑) 

せっかく便意が来ても我慢したらすぐ消えてしまいますし 
便意を我慢すると便意を感じづらくなってしまいますからね。 


最初はあまり効果が感じられなくても刺激し続けることで変わってくるそうですよ。 


ちなみに私は押してみてもそんなにすぐには効果が感じられませんでした。 
お腹が動いている感じもしなかったですね・・・。 

どちらかと言うと神門(しんもん)のツボの方が 
私の場合はお腹が動いているような感じ
がしました。 


神門(しんもん)の記事はこちらから読むことが出来ます! 
→神様の通り道「神門(しんもん)」の効果的な刺激方法とは?


もしかすると便秘のタイプとか体質とか 
そんなものも密接に絡んでいるのかもしれませんね! 

スポンサーリンク

間使(かんし)に効果的に刺激を加える押し方

間使は腕にあるツボなのでけっこう強めに押し揉む感じでもOKです。 

強ければ良いってものではないのでじ~んと 
「痛気持ち良い」くらいの力加減がいいでしょう。 


間使に親指を当てて他の4本の指で腕をはさむように支えると押しやすいですよ。 


ペンの先などを使っても良いという話もよく聞きますが 
私の場合は力が入りすぎてしまうようで向いていませんでした。 

押した直後は気持ちよくても後からジンジンしてきたり 
ずっと赤みが消えなかったりすることがあったのでくれぐれも気をつけてくださいね! 


私的には自分の指で押すのがちょうど良い加減で押せて 
揉み返しのような感じにもならない強さだと感じます。 


押したらすごく痛かったんだけど大丈夫?

間使(かんし)はちょうど腕の筋の上にあるので 
上手いこと入ると「イタッ!!」となりやすい場所です。 

ただし便秘の人は間使の周りが凝っているような状態になっていて 
そのために痛みが強いことがあるという説もあります。 


「痛気持ち良い」を忘れずにギューっと押すだけでなく 
グルグルと揉みほぐすようなイメージで刺激してみるといいでしょう。 

また左右両方を刺激したほうが良いので 
左右交互に少し時間をかけてほぐすようにすれば痛みも少ないと思いますよ。 


今回のまとめ

間使は腸のぜん動運動を活発にするだけでなく 
自律神経や精神を安定させる効果もあるそうです。 

以前紹介した「合谷」や「神門」も同様に自律神経や精神安定の効果があるツボでした。 


自律神経と便秘に関係があると言うのはウソだと言う説も見たことがあるのですが 
古くからあるツボの世界でもそのように言われていると言うことはあながちウソではないと感じますね。 

関連はあるのだと思いました。 


ただ私のように「神門」は効いたけど「間使」はイマイチだったとか個人差があると思うので 
たくさんのツボを知っておくことは有効だと思います! 

今後もたくさんのツボを紹介していきますのでお楽しみに! 



次に読んでほしい記事はこちら!
→見て分かる!手のツボ「合谷(ごうこく)」【便秘に効くツボシリーズ】

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^