足裏の反射区は保湿ついでにマッサージするだけ!胃腸を元気に!

お役に立てたらシェアお願いします!







みんなでおなかげんき【便秘に効くツボシリーズ】 
今回はツボとはちょっと違うんですが「足裏の反射区」をご紹介します。 

反射区とはリフレクソロジーで使う考え方で 
厳密にはツボとは違うものなのですが同じく効果的なので知っておいて損はないですよ! 


足裏の反射区はマッサージすると痛いこともあるんですが 
自分の不調もよく分かりますし調子がよければ気持ちいいのでオススメです! 


ではまず簡単にツボと反射区の違いを解説していきますね。 

スポンサーリンク

ツボと反射区の考え方の違い

東洋医学では全身には気が流れる道が通っており 
その途中にある駅のようなものがツボだと考えられています。 

ツボには気が集まると同時に悪い気も集まったり流れが滞ったりすることもあるため 
ツボというのは治療に有効だと考えられているんですね。 


一方で反射区とは各臓器につながる神経が集中している反射区を刺激することで 
刺激した場所につながる臓器に良い効果をもたらすものです。 

リフレクソロジーがこの反射区の考え方をしているものですね。 


まぁこれだけだとほとんど同じですね(笑) 


1番違うのはツボは「ポイント」を刺激するのに対して 
反射区は「ゾーン(面)」を刺激するということですね。 


考え方の違いはこれくらいにしておいて 
早速便秘に効果的と言われている大腸の反射区の場所を確認しましょう! 


腸に効く足裏の反射区の場所はココ!

大腸の反射区は左右の足で細かく場所が分かれています。 
これは写真で見たほうがよく分かると思います。 


大腸の反射区はココ→



自分から見て大腸の進むとおりの順に刺激していくのがポイントです。 

右の脇腹→上腹部→左脇腹→下腹と進んでいくわけなので 
右足からマッサージを始めればいいんですね。 


右足から四角形を書くようにマッサージすればOKですよ! 

反射区の押し方

あぐらをかいて足裏を上に向けたほうが刺激しやすいですね。 


できればオイルやボディクリームなどで保湿しながら行うのが良いですね! 


基本的には足を片方ずつ、両手で包みこむように持って 
親指で押すと適度に力も入りやすいのでオススメです。 

親指で押し込んだり解すようにして時間をかけて 
硬いと感じる部分は特に重点的にマッサージしましょう。 


他にオススメなのは100均でも売られているツボ押し棒を使う方法です。 

指よりも力が入りやすいので握力が弱い方や 
手の小さい方はやりやすいと思います。 

その代わり力の入れすぎには注意してくださいね! 

胃に効く足裏の反射区はココ!

腸の反射区と合わせて押すといいのが胃の反射区です。 

胃の反射区は土踏まずのすぐ上の部分です。 

両足ともにあるので小腸の反射区をマッサージする時に 
少し上まで範囲を広げれば一緒に押せますね。 


便秘を解消するには大腸も大切ですが 
胃でもしっかり消化することも大切ですからしっかりケアしましょう。 

スポンサーリンク

ゴリゴリしたしこりを解すイメージで刺激しよう!

反射区を刺激していると他の場所とは違って 
しこりがあるようなゴリゴリした部分があることがあります。 

そういう時は調子が悪い時で 
特にしこりっぽかったりものすんごく痛かったりするんですよね。 


そういう時はもみ始めがすごく痛かったりするので 
コリコリをほぐしながら慣れてきたら潰すような気持ちでマッサージしましょう。 

いつもより時間をかけてしたほうが良いかもしれませんね。 


今回のまとめ

今回はツボではなかったんですがツボと同じように自分でケアできるんで 
ご紹介することにしました。 

ツボ押しは場所もピンポイントなのである程度覚えないといけないですが 
反射区は範囲が広いので多少ずれていてもなんとかなるのが良い所だなと思います(笑) 


保湿ケアのついでにマッサージすると 
かかとのガサガサもクリームが良く浸透してくれるので良いですよ! 

足裏全体も柔らかくなります。 


お風呂上りの習慣にできたらこっちのもんですね。 


あと最後に足ツボの「湧泉(ゆうせん)」を押すと 
全身にも効果的だそうなので合わせて押すと良いかもしれませんよ! 



次に読んで欲しい記事はこちら!
→湧泉で便秘解消!効能は便秘以外もたっくさん!奇跡の足ツボ

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^