三陰交は女性のためのツボ!お灸などで温めると効果アップ!

お役に立てたらシェアお願いします!







みんなでおなかげんき!名物企画! 
【便秘に効くツボシリーズ】今回は「三陰交(さんいんこう)」という 
足首の上にあるツボをご紹介します。 


三陰交のツボは肝、腎、脾の3つの気の流れが交わる場所と言う意味で 
それだけさまざまな効果が期待できるツボです。 

三陰交を刺激すると肝臓や腎臓をはじめ内臓の活動の活性化が期待でき 
消化器官も活発に働くようになり便秘解消に効くと言われているのです。 


さらに三陰交は女性にとってとても重要なツボです。 
そのため押す以外にも温めることで効果を発揮します。 


そのあたりは後ほどご紹介しますね! 
まずは三陰交(さんいんこう)の場所を写真で確認しましょう。 

スポンサーリンク

足ツボ「三陰交」の場所はココ!

三陰交(さんいんこう)の場所は足首の内側 
くるぶしに小指を当てて、指4本分上がったところにあります。 

骨のすぐ際にあってちょっと上下に探るとへこんでいるようなところがあると思います。 

写真で見るとココ→ 




押した時にずーんと響くような感覚があるところを刺激すると良いですね。 


押す時はリラックスして息を吐きながらゆっくり5秒かけて押す 
5秒離すという風に数セット繰り返しましょう。 


続いては三陰交が女性に重要なツボと言われる所以をお話していきますね。 


三陰交は女性に効果のある女性のためのツボ!

三陰交は昔から伝わる安産のツボと言われています。 

また妊娠していない女性の場合には 
不妊症や月経の問題に効果があるんですよ。 


さらには陣痛を促したり逆子まで治せるとか! 


逆子まで治せるかはちょっと分からないのですが 
子宮や卵巣の機能を高めてくれるのは確かなようです。 


ただし一説によると妊娠初期の場合のみ 
堕胎のためのツボとしても用いられていたと言われています。 

そのため妊婦さん、特に妊娠初期の場合は 
三陰交を刺激する前に診てもらっている産科の医師に確認してからをオススメします。


それ以外には腎の気の流れが通っているところなので 
冷え性やむくみにも効果がありますよ! 


便秘に冷え性にむくみに婦人科系と押さなきゃもったいないツボですね♪ 


指で指圧するのももちろん効果があるのですが 
温めるとさらに効果が高まると言われています。 


三陰交をお灸で温めるのも効果アリ!

ツボを刺激するには指圧が手軽にできる方法ですが 
お灸などで温熱刺激を与えるとさらに効果的と言われています。 

お灸だと指圧より深い筋肉の方まで刺激でき 
温めることによる血行促進作用まであるからだそうです。 


ただお灸ってやってみたい気持ちはあるものの 
なかなか怖さもあって手が出ませんよね。 

私も良いと聞いてはチャレンジしようと思うのですが 
やけどしないかなとかいろいろ心配で結局できないでいます。 


そんな方に有効な三陰交の温め方をご紹介しますね。 


オススメなのは足首ウォーマーやカイロを使用して温める方法です。

足首ウォーマーはゴムの締めつけの無いゆったりしたものを選んでくださいね。 





カイロを使用するときは足首ウォーマーの上からや衣服の上から当ててください。 


三陰交を温めるとさらに冷え性の緩和に効果があるので 
足首ウォーマーはとてもオススメですよ! 


今回のまとめ

三陰交はすごい効果のあるツボでしたね。 

私は生理痛が重いタイプなのでもっと早く知ってたら 
少しはラクに過ごせたかなぁなんて思ってしまいます。 

娘がそうなったら教えてあげようと思います! 


更年期障害にも効くということなので 
私もこれから早めに刺激するクセを付けとこうかなと思います(笑) 

何歳になっても女性は元気でいなくちゃね♪ 



次に読んでほしい記事はコチラ!
→湧泉で便秘解消!効能は便秘以外もたっくさん!奇跡の足ツボ

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^