オリゴ糖とハチミツの違いを知って上手に使いこなそう!

お役に立てたらシェアお願いします!









オリゴ糖とハチミツの違いって?なんなんだろうなぁってちょっとこんがらがっちゃいますよね。 

私も便秘についての情報をいろいろ調べているんですが、良いと言われているものって本当にたくさんあって何が何やらわからなくなることもしばしば。 

そもそも何でオリゴ糖とハチミツの違いが比べられるのかなぁ?って考えると、テレビとかでお腹の調子を整えるために「ヨーグルトにハチミツを入れましょう!」ってよく言うからかなって思います。 

そしてその理由に「ハチミツにはオリゴ糖が入ってるから!」って言われるからだと思うんです。 


オリゴ糖とハチミツは色も匂いも違うし全然別物ってことぐらい分かるんですけど、要はオリゴ糖とハチミツはどっちがどういいのよ!?ってことだと私は思うんです。 

ということで今回はオリゴ糖とハチミツの決定的な違いとそれぞれの良いところをお話しようと思います! 

そしてそれを踏まえた上で、目的と使い方に合わせてどちらを使うのがいいのか選べるようになろう!というのが目標でございますよ(^^) 


オリゴ糖とハチミツ、どちらにも良いところがあるのでぜひあなたに合った方を選んでみてください♪ 


スポンサーリンク

オリゴ糖とハチミツの決定的な違いはコレ!

オリゴ糖とハチミツの決定的に違うところは 

・人工か天然か 
・成分か食材か 

ものすごくザックリ言ってしまうとオリゴ糖は成分名であり、人工です。 

ハチミツは天然の食材です。 

そもそもがまったく別物なので比較しようとするとちょっと無理があるなって今書いていてちょっと困ってます(笑) 


でもコレだけで終わっちゃうとオリゴ糖が人工ってことが切り取られて、なんだかイメージ悪いままになっちゃうのでフォロー入れときますね! 


オリゴ糖の原料は糖質(ショ糖、乳糖など)や甜菜(ビート)や大豆、とうもろこしなどですが、そこから製造されるものなので完全に天然ではないんです。 

それに対してハチミツは蜂が植物から集めた蜜の不純物を取り除いて殺菌したものなので天然の食材ですね。 


オリゴ糖は厳密には食品添加物に分類されるので一部の人工甘味料のように嫌悪感を持つ方もいます。 

しかしオリゴ糖はトクホ(特定保健用食品)としても認められているものもありますし、このトクホに認められるには毒性や製造法について審査をクリアする必要があります。 

なのでオリゴ糖が天然では無いからとむやみに避ける必要はないって思います。 


こんな風に違いを比べてしまうとお互いの良い点もなにも分からないので、オリゴ糖とハチミツそれぞれの良いところをお話しようと思います。 

コレを押さえておくとオリゴ糖とハチミツは目的によって使い分けるべきなんだ!と納得してもらえるはずですので! 


オリゴ糖の良いところ

オリゴ糖は種類にもよりますが「難消化性」と言って消化吸収されにくく、腸まで届くものが多いのが特徴です。 

腸まで届くことの何が良いのかというと、腸の中にいる善玉菌のエサになるんです。 

善玉菌がオリゴ糖を食べてたくさん増えてくれるので整腸作用があるんですね。 


しかも善玉菌の一種であるビフィズス菌はオリゴ糖を食べることで有機酸という酸を出します。 

この酸が腸内を悪玉菌がニガテな酸性にしてくれるので悪玉菌も抑制してくれるというわけ。 


その他の特徴としては 

・難消化性であることから低カロリー 
・口の中の細菌にも消化されにくいので歯を溶かす酸ができにくい→虫歯になりにくい 


オリゴ糖は難消化性なので体に消化されにくいという特徴から砂糖の約半分のカロリーであるとされています。 

砂糖→3.8~4kcal/g 
ハチミツ→2.9kcal/1g 

フラクトオリゴ糖→2kcal/1g 
ガラクトオリゴ糖→2kcal/1g 
キシロオリゴ糖→2kcal/1g 
大豆オリゴ糖→2kcal/1g 
ビートオリゴ糖→2kcal/1g 
イソマルトオリゴ糖→4kcal/1g 



イソマルトオリゴ糖は砂糖と変わらないカロリーがあるんですが、おおよそどのオリゴ糖も砂糖やハチミツより低カロリーと言えると思います。 


オリゴ糖の特徴として低カロリーであること、虫歯になりにくいとは言えますが何事も過ぎたるは及ばざるが如し、取りすぎれば太っちゃうし歯磨きしなければ虫歯になっちゃうんでそこは注意してくださいね! 


ハチミツの良いところ





ハチミツの良いところはビックリするくらい豊富な栄養素が含まれているというところ。 

天然のハチミツにはビタミンB群をはじめミネラル、アミノ酸、酵素やポリフェノールが含まれていてとても栄養が豊富な食品なんです。 

特にハチミツに含まれるビタミンは活性型で少量でも効果があると言われてます。 

また素早く体のエネルギーとして使われるのも特徴ですね。 


このようにハチミツには豊富な栄養素が含まれていてそのおかげたくさんの健康効果がありますよ。 

・疲労回復 
・美容効果 
・殺菌効果 


ハチミツに含まれるオリゴ糖は「イソマルトオリゴ糖」なんですが量はかなり少量と思ったほうがいいみたいです。 

詳しい文献が無かったので推測になっちゃいますが、ハチミツの糖分の90%以上がブドウ糖と果糖なんですね。 

ハチミツ100gに含まれるオリゴ糖は1.5gほどという説明も見かけます。 

オリゴ糖は量を摂れば良いものでもないのでそこはあまり気にしなくても良いかと思います。 

それ以上にハチミツには良いところがありますからね。 

【警告】ハチミツは1歳未満の乳児には与えてはいけません! 
ハチミツの中にはボツリヌス菌の芽胞という種のようなものが含まれていて、1歳未満の赤ちゃんは特に消化器官が未熟なため重篤な「乳児ボツリヌス症」になる恐れがあります。 

くれぐれも1歳未満の赤ちゃんにはハチミツを与えないようにしてください! 




ここまででオリゴ糖とハチミツの良いところが分かったと思います。 

オリゴ糖とハチミツは比べるものではなく目的に合わせて使い分けるものだなっていうのもボンヤリと分かってきますよね! 


スポンサーリンク

目的に合わせて選ぶのがオススメ!

オリゴ糖の1番の良いところは整腸作用が期待できることなので、やはりお腹の調子を整えたい人に向いています。

もっと言うと摂り方にもコツがあるのですがそれはまた別の記事で。 

さらに低カロリーと言えるのでダイエットしたい方がお砂糖の代わりとして使うとカロリーを低めに抑えることができますね。 


ハチミツは豊富な栄養素を含んでいるのが最大の良いところなので美容目的の方にオススメと言えます。 

カロリーも砂糖より控えめなので、美容に気を使っている方は甘みをハチミツに置き換えると良いと言えそうです。 


どの効果が自分にとって1番欲しいものなのか、それによってオリゴ糖を使うかハチミツを使うか、あるいは両方使い分けるかという感じですね♪ 


今回のまとめ

オリゴ糖にもハチミツにもそれぞれ良いところがあり、それを理解すると使い分けもできると納得していただけたと思います(^^)v 

1つでアレもコレも叶える食べ物があったらみんな飛び付く大事件ですからね(笑) 

どの食べ物にどんな良いところあるのか知っておくことはとても大切だなって改めて思いました! 

知っていることで自分の欲しい効果の食べ物を選ぶことができるようになるんですもん♪ 


ぜひ上手にオリゴ糖とハチミツを使い分けてくださいね! 



次にオススメの記事は・・・
オリゴ糖の摂り方のポイントとして「シンバイオティクス」という考え方があるのをご存知ですか? 

こちらの記事で詳しく解説しています! 
→プロバイオティクスとは結局何のこと?プレバイオティクスとの違いは?


スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^