有胞子乳酸菌とはどんな菌?生きて腸まで届く理由とその効果!

お役に立てたらシェアお願いします!







便秘解消のために乳酸菌を摂るのは今や常識ですが 
乳酸菌にどういった効果を期待してますか? 

私も含めおそらく多くの方が期待している効果というのは 
善玉菌を増やして腸内環境を改善することだと思うんです。 


腸内環境を改善するためには生きたまま乳酸菌が腸に届いてくれる必要があるんですよ! 


そして腸まで届きやすい乳酸菌の一種が 
今回ご紹介する有胞子乳酸菌というものなんです。 


この有胞子乳酸菌はなぜ生きて腸まで到達することができるのか 
そしてなぜ生きたまま到達する必要があるのかしっかり疑問にお答えします! 

最後にはちょっとうれしいトリビアもご用意してますのでお楽しみに! 


乳酸菌の知識が増えれば選択の幅も広がって対策が摂りやすくなりますよ♪ 

スポンサーリンク

有胞子乳酸菌とは

胞子が有る乳酸菌ってどういうこと?お腹の中で胞子を飛ばすの?! 
なんてカビ菌みたいなことを想像してしまった私ですがそうではなかったです。 


有胞子乳酸菌は一般の乳酸菌とは違って 
「胞子」という殻のようなものを形成することができる乳酸菌です。 

温かい食べ物や飲み物に入れたり胃酸にさらされたりしても胞子のおかげで 
生きたまま腸まで到達することができるのが特徴なんです。 

また乾燥にも強いので加工食品にも向いているという点がすごいところです。 


そして胞子に守られながら腸まで到達し腸内環境を改善する活動をしてくれます。 

途中で胃酸や胆汁などの刺激がスイッチとなり胞子から出てきて(発芽して) 
腸内で本格的に活動をするようになります。 


ホントに種みたいな乳酸菌ですね! 

然るべきところで芽を出して私たちのお腹のために働いてくれるなんて 
カワイイ奴らですよ^^ 


では有胞子乳酸菌と一般の乳酸菌の違いを具体的に見ていきましょう♪ 


有胞子乳酸菌以外の乳酸菌の働きの違い

[有胞子乳酸菌]
・70℃の熱でもほとんど生き残っている 
・胃酸にさらされてもほとんど生き残ることができる 
・乳酸を作る力が強い 



[一般の乳酸菌]
・40℃以上になると多くがやられてしまう 
・胃酸にさらされるとでは大幅に生菌が減少してしまう 


有胞子乳酸菌は特徴である胞子というバリアに守られているため 
一般の乳酸菌よりも格段に生きたまま腸に届く確立が高いです。 

人間の胃はさまざまな菌にとって通り抜けるにはものすごい関門なんですが 
そこすらも越えて腸まで到達できるのはすごいことなんですよ。 


そして腸の中で「乳酸」という物質を作る能力も一般の乳酸菌より高いそうです。 
生きて腸に届く確立が高い分たくさんの有胞子乳酸菌が活動してくれるからかもしれませんね。 

乳酸を作ってくれることが何故良いのかは後ほどお話します^^ 


これまで有胞子乳酸菌が生きたまま腸に届く確立の高い菌であることをずっと言ってきましたが生きたまま腸に届くのが良い理由もちゃんと解説しますね! 

何にもメリット無かったら普通の乳酸菌でいいじゃん!ってなっちゃいますもんね(笑) 




乳酸菌が生きたまま腸に届くと何がいいの?

生きたまま腸まで到達した乳酸菌はエサとなるオリゴ糖や食物繊維など 
プレバイオティクスがあればそれを食べて増えていくことができます。 


プレバイオティクスについてはこちらの記事で解説してるので読んで戻ってきてね! 
→プロバイオティクスとは結局何のこと?プレバイオティクスとの違いは?


増えるときに生成される副産物が乳酸です。 


乳酸ができると腸内が酸性に傾くんですが 
これが善玉菌にとって住みやすく悪玉菌がキライな環境なんですよ! 


乳酸のおかげで良い腸内環境を作る土台ができるというわけですね。 

さらに乳酸は酸性の物質なので腸壁を刺激しぜん動運動を活発にしてくれる効果もあります。 


善玉菌の住みやすい環境を作り、腸の動きを活発にする 
これは生きている菌の作り出す乳酸ならではの効果と言えます。 


ただしこんなに良い働きをしてくれる有胞子乳酸菌なんですが 
ずっと腸に居てくれるわけではないんです。 

お腹に入って1週間程度はがんばって働いてくれますが 
その後は便と一緒に排泄されていってしまいます。 


有胞子乳酸菌はもともと人間の腸内に居る菌ではないので 
これは仕方の無いことなんですね。 

それが乳酸菌は継続して摂る必要があると言われている理由です。 


スポンサーリンク

乳酸菌が途中でやられた場合は?

ちなみに有胞子乳酸菌や一般の乳酸菌でも腸に到達するまでに 
やられてしまうものも出てきます。 

せっかく乳酸菌を摂ったのにやられたら全く意味が無いのかというと 
必ずしもそうではないという研究があるんです。 

やられてしまった乳酸菌も消化吸収されずに腸までたどり着ける場合があり 
仲間をサポートしてくれることがあるそうです。 


・生きてたどり着いた菌や元々住んでいる菌のエサになる 
・腸壁の免疫細胞を刺激して免疫力を高める 



このようにやられてしまった菌でも私たち人間の役に立ってくれているんですね! 


ですがやはり整腸作用や腸内環境改善の効果を求めるのであれば 
なるべく生きたまま腸まで届く乳酸菌を選んで摂るのが重要ですね。 


最後に身近な食べ物で有胞子乳酸菌を配合している食べ物をご紹介します。 


意外と身近!有胞子乳酸菌が入っている食品

子どもの頃から食べていたあの商品に実は有胞子乳酸菌が使われているんです。 
大人には懐かしい、現代のお子さんも大好きであろうあのお菓子ですよ~^^ 


[ビスコ]
ちょっと酸っぱめのクリームをビスケットで挟んだ 
みんなが大好きなビスコに有胞子乳酸菌のスポロ菌が使われているんです。 

ビスコには、胞子の状態、つまり休眠状態のスポロ乳酸菌(有胞子性乳酸菌)が入っているからです。
スポロ乳酸菌は、体内に入った後、胃酸や体温の刺激を受けて、腸内で目覚めます。

引用:glico公式ホームページ http://www.glico.co.jp/biscuit/bisco/suporo.html



ビスコ5枚に1億個のスポロ乳酸菌が含まれているそうですよ。 

大人も子どもも大好きなお菓子に有胞子性乳酸菌が入っていて 
お腹に良いなんてとってもうれしいですね。 


今回のまとめ

私も便秘に悩むようになってからいろいろ調べてはいましたが 
有胞子性乳酸菌については知識がありませんでした。 

乳酸菌にもいろいろなタイプがあって効果もさまざま 
生菌か死菌かによっても効果が違うので絶対知っておくべきだと思いました! 


特に便秘の方が求めているような腸内環境の改善効果は有胞子性乳酸菌のように生きたまま腸に届く乳酸菌だからこその効果でもあるので、それを狙って摂るようにするのも大事なことかもしれませんね! 


有胞子性乳酸菌を効果的に摂るにはサプリメントを使ったほうがいい場合もあるので 
そのあたりはいろいろな商品を調べてみる必要がありますけどね。 


私自身も乳酸菌のサプリは試したことが無いので 
近いうちにどれか選んで試してみようかなとも思っています。 


ぜひ有胞子性乳酸菌の知識も参考にして便秘対策してみてくださいね^^ 



次に読んで欲しい記事はこちら!
→プロバイオティクスとは結局何のこと?プレバイオティクスとの違いは?

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^