冬にコタツでもできる運動5選!便秘解消にも効果アリ

お役に立てたらシェアお願いします!




pak85_ohirunenuko20150109092625_tp_v


便秘の悩みをいろんな方法で解消しようとしているこの「みんなおなかげんき!」で 
他の記事でもチラホラ出てくるワードが「運動」です。 

便秘に直接関係ないじゃんとお思いの方もいらっしゃるでしょうが 
そうでもないんですよ。 


便秘はいろんな要因があって起こっているワケですが 
それらの要因を解消するのにおススメされてるのが「運動」だったりします。 


でもね、いくら運動が良くたって面倒なものはメンドウ! 
もう冬は寒いと「こたつむり」状態でしょ?(笑) 


何か食べたりして治った方がラクだし。 


でもさっきも書いたとおり便秘の要因と言われているものを解消するには 
運動が有効なんですよ。 

たとえば自律神経の乱れを改善したり 
たとえば冷えを改善したり。 


ということは「運動」ってだいぶ近道じゃね?(笑) 


運動すげぇ!ということで 
毎日続けて運動不足も便秘も解消しようじゃありませんか。 


今回は冬でも忙しくても家事をしながらでも 
なるべく手軽にできる運動を選んでご紹介します。 


キツイ運動はありませんのでご安心を! 

スポンサーリンク

テレビを見ながらできる腹筋運動

便秘に直接効果的なのは腹筋を鍛えることです。 

腹筋が弱ってしまうと腸から便を押し出す力が弱くなってしまうからです。 
腸自体が動く(ぜん動運動)力も弱まってしまいます。 


そこで腹筋を鍛えるのに冬、こたつに入っていてもできる 
暖かい部屋でもできる運動がコチラ。 

座椅子でも普通の椅子でもどっちでもOKですよ。 


[おなかひねり]

1.座椅子の場合は足を伸ばし背筋を伸ばして座る。椅子は背筋を伸ばして座る。 

2.腕を前に伸ばす(肩の高さで) 

3.左右にゆっくりひねる。腕と顔は同じ方向に。 

4.左にひねったら3秒静止、右にひねったら3秒静止を繰り返し行う。 


注意点
・無理にひねり過ぎない(できる範囲で) 
・ツラかったら腕は前に重ねると負荷が小さくなります 
・わき腹を意識する 



[ももあげ]

1.背筋を伸ばして座る。 

2.座椅子はひざを直角になるように曲げ、手はももの上に置く。 
 椅子はそのまま手をももの上に置く。 

3.背筋が丸まらないように気をつけながらももをお腹の方へ引き付ける。 


注意点
・背中が丸まってしまうと効果半減 
・無理しないこと 
・正面の腹筋を意識する



私は回数を決めていません。 

決めた方が目標を持ってできるという方は少ない回数から 
自分で設定してみてください。 


でも毎日続けて習慣化することが目標なので 
思いついたとき、好きなだけやるのがまずは良いと思います。 


1回でもやれば目標達成ですから! 
おススメはCM中ですね。 


回数は徐々に増やせば問題ないです。 


家事をしながらできる冷え解消運動

冷えは便秘の一因になります。 
冷えると血行が悪くなり腸のはたらきも低下してしまうからです。 

冷え自体もツラいですから 
普段からできる運動を取り入れて体を温めましょう。 


[かかと上げ下げ]

1.まっすぐ立つ 

2.つま先立ちを繰り返す 


運動はたったこれだけです。 


これも回数は決めずに思いついたら行いましょう。 
お皿洗いの時とか、洗濯物を干してる時とかけっこうできますよ。 


効果をアップしたい場合は 
かかとを地面に着けずに行いましょう。(キツい場合は無理しちゃダメですよ) 


第2の心臓と言われるふくらはぎを鍛えることで 
足のポンプ機能が良くなって血行促進が期待できます。 

むくみにも効果ありですね。 
これは立ち仕事の私も実感しています。 

スポンサーリンク

寝る前にできるストレッチ

忙しい方はなかなか運動の時間が取れないと思いますが 
寝る前に布団の中でできるストレッチもあります。 

これは単純にやれば気持ち良いのでおススメです。 

運動しなきゃと負担に思わず 
「気持ちいいからやるべ」と思えたらこっちのもんです。 


[ねじりストレッチ]

1.仰向けになりひざを直角になるように曲げる 

2.腰から下だけをねじるイメージで左右に倒す 

3.左右それぞれ20秒ずつ行う(何セットか繰り返してもOK) 


注意点
・ひざが地面に着くまで曲げる必要はナシ、気持ち良いところまで


[腹式呼吸]

1.仰向けに寝る 

2.口から「ふー」と言いながら吐けるとこまで息を吐ききる 
 同時にお腹もへこませる 

3.すべて吐ききったら自然にお腹に息が入っていくようにお腹をふくらませる 

4.10回ほどを目安に行いましょう 


注意点
・体の力を抜く 
・気持ち悪くなったらやめる



これらのストレッチはリラックスするにも最適です。 
むしろそのまま寝落ちしてしまってOKです。 

リラックスは自律神経を整えるのにも効果的なので 
ぜひやってみてください。 


また冬は寒くてなかなか布団から出られないと言う方は 
このストレッチをして体を動かしてから起きるといいですね。 

記事のまとめ

運動不足を解消しなきゃと思うとついキツい運動をして 
1日やって終わりとか無残な結果になっちゃいますよね。 

これ私がやるパターンです(笑) 


運動って息が上がるようなものじゃなくていいんです。 

普段からスポーツをされている方以外で 
通勤以外歩いてないとか、オフィスで座りっぱなしの方は 
生活に取り入れられる運動がやりやすいです。 


私もかかと上げ下げと寝る前のストレッチ2種は 
自分が気持ちいいので続いてます。 

この自分が気持ち良いって重要ですよ! 

気持ち良いこと、心地良いことは私できます(笑) 


あとは子どもと一緒にやるのはおススメですね。 

僕できるよ!とか言われて「お母さんだって!」と対抗心が出るので(笑) 


あ、でも子どもには勝てないんでムキになるとこっちの体を壊しますから 
そこは注意してくださいね! 

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^