便秘で下腹が痛い原因と対処法!注意すべき病気もチェックしよう!

お役に立てたらシェアお願いします!







私は便秘になるとすぐに下腹が張ってしまい 
時には痛みが出ることもあります。 

そうなると立っても座ってもチクチク、ズーンと痛くて 
何にも手につかなくなってしまいます。 


腹痛は本当にツライですよね・・・。 


さすっても痛いし、かといって便も出ないってこともあります。 


こういった便秘の時に下腹を中心にお腹が痛くなった場合は 
何が原因なのかを探っていきます。 

便秘が原因ではない痛みも起こることがあるみたいなので 
注意すべき病気とその特徴もお伝えしていきますね。 


同じようなお悩みを持っている方のお役に立つと思いますよ! 

スポンサーリンク

便秘の時に下腹が痛くなる原因

便秘の時に下腹が痛くなったのを思い出すと 
私はだいたいがパンパンに張っていてガスがボコボコしているように思います。 

あなたも思い出してみてください。(痛いの思い出すの嫌ですけど・・/汗) 

私が感じている下腹がパンパンでボコボコしているという状態に 
原因のひとつが隠れていたみたいです。 

便秘によってガスが溜まっている

便秘の時は腸内の環境が悪いことが多いです。 
いわゆる悪玉菌が縄張りを広げている状態です。 

そんなときの腸内では食べ物の残りカスなどが異常発酵して 
腐敗ガスがいつもより多く発生してしまうのです。 


そんなときのガスはいやな臭いになっていることも多く 
ガスが出そうになってもガマンしてしまいますよね。 

さらに便秘になっているということは腸の動きが低下していて 
ガスが排出されにくくなっていることもあります。 


こうしてガスが溜まっていくことで内臓を圧迫してしまい
下腹周辺に重いような痛みを起こしてしまうのです。 

便が詰まっている

よほど1週間以上など大量の便が溜まっている場合を除けばガスほどは圧迫は軽いですが 
それでも多少はお腹を圧迫するので便秘自体も痛みの原因となります。 

特に便秘になると直腸やS状結腸の辺りから便が詰まっていくので 
左下腹の辺りに痛みが出ることがあります。 


このように便秘の時に下腹が痛む時には 
ガスが悪さをしていることが主な原因と考えられます。 





待って!その下腹の痛み便秘のせいじゃないかも!

便秘だから、いつもの腹痛だからと思っていると 
まさかの病気が隠れていることがあります。 

便秘症だとつい「またいつもの」と思ってしまいますよね。 


痛みが出た場合別の病気が隠れている場合もあるので 
激しく痛んだりいつもと違うと感じた場合、長引く場合は必ず医師に診てもらうようにしてください。 


女性の場合は女性特有の病気の可能性もありますから特に注意が必要ですよ! 

過敏性腸症候群

便秘だけでなく下痢も起こり、それを繰り返すことが多いです。 

便秘と下痢の繰り返しが月に数回ありさらに長く続いている場合は 
注意が必要です。 

大腸がん

早期には症状が出にくく分かりにくいのですがある程度進行している場合 
便に血が混じることがあります。 

またがんによって腸管が細くなっていると便秘になったり 
出ても細くひょろひょろした便になることがあります。 


便に血が混じったからといって大腸がんではないですが 
腹痛とともにこれらの症状があった場合は注意が必要ですね。 

子宮筋腫・卵巣腫瘍など女性特有の病気

下腹部には子宮があるのでどこが痛むのかよく分からないこともあるでしょう。 

いつも便秘じゃなかったのに急に便秘になったり 
不正出血がある、経血の量が増えたなどの症状があった場合は 
女性特有の病気も疑う必要があります。 


卵巣腫瘍は腫瘍が大きくなってくると痛みが出たり下腹が膨らんでくることもあるので 
普段の自分の体をよく知っておき、いつもと違うことがあったら医師に相談しましょう。 


このような病気を知っておくことで「いつもと違うかもしれない」と気づく 
可能性が高まると思いますので絶対覚えておいてくださいね。 

スポンサーリンク

便秘で下腹部が痛い時の対処法

便秘での痛みであれば早いうちに対処したい! 
本当に腹痛と言うのはガマンできないですからね。 


便秘がどうしても解消できない時は下剤に頼るのも1つの方法です。 

私は常用することは決してオススメしてはいないのですが 
あまりにも排便できずに辛いのではれば使うこともやむを得ません。 

その際は説明書をよく読み1日の用法・用量を必ず守ってください。 

それでも排便が難しい場合は病院で浣腸してもらうなども視野に入れましょう。 


自分の判断でたくさんの量を飲んだり便秘になりたくないからと飲み続けるのは絶対に止めて下さい。

便秘は便秘薬(下剤)では治りません。


そして下剤で排便した後は腸のケアをしっかり行いましょう。 

下剤で排便すると腸内細菌も一緒に排出されてしまうので 
1から整える必要があるんです。 


乳酸菌やビフィズス菌を含む食べ物を摂るだけでなく 
善玉菌を増やすオリゴ糖や水溶性食物繊維を摂ることがポイントですよ! 


オリゴ糖の作用について詳しく解説している記事はコチラで読めます! 
→便秘にオリゴ糖!役立つ理由と”量”に関する意外なポイントも解説


今回のまとめ

たかが腹痛されど腹痛。 

便秘でいつもお腹が痛いことに慣れてしまうと 
怖いことになるということが分かりましたね。 


特に女性は子宮や卵巣の病気にも関わってきますので 
疑ってかかるくらいがいいのかなと私は感じました。 

女性の病気はホント手遅れになると悔やみきれないですので 
自分の体を普段からちゃんと知っておかないといけませんね! 


さらに下剤の使い方もポイントを解説しました。 

私はなるべくなら下剤に頼らず便秘解消をしてもらいたいと思っているので 
「下剤を使うのは一時的」とたくさんの記事で言っています。 

下剤の常用で泣いている友人がいるので本当に注意してくださいね。 


ちょっと怖い話ばかりになってしまいましたが 
よかったらお話した水溶性食物繊維の記事もありますので読んでみてください! 



次に読むべき記事はコチラ!
→やば・・便秘に食物繊維が逆効果なんてショックすぎる!その理由とは?

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^