ノロウイルスの消毒にアルコールは効果なし!次亜塩素酸Naを装備せよ!

お役に立てたらシェアお願いします!









ノロウイルスってホント怖いですよね。 

子どもが学校に行ってるといつ来るかと毎日ビクビクしてます。 


ノロウイルスってほんの数個が体に入っただけでも感染して 
人間の中に入ると爆発的に増えるそうです。逆に人間の腸じゃないと増えないらしい。 


めっちゃバイオハザードでしょ!これは! 


ノロウイルスについてよく話題になるのはアルコール消毒でいいのかってことですよね。 
今やアルコール消毒は普段の生活に定着しましたからね。 

それでいけるのであれば「うちは大丈夫!」とも思えますが・・・。 


今回はノロウイルスにアルコールが効くのか? 
タイトルでも言った次亜塩素酸ナトリウムのことについて分かりやすく解説します! 

ノロウイルス用の消毒液の作り方やノロウイルスにかからないための対策もまとめました。 


ノロウイルス対策マニュアルとしてお役立てくださいね^^ 


スポンサーリンク

アルコール消毒がウイルスに効く理由

そもそもウイルスの消毒にアルコールが効果的な理由はウイルスの構造にあります。 

ウイルスには1番外側にエンペローブという脂でできた保護膜を持つものがおり 
アルコールがその膜を破壊することができるため不活化させることができるんですね。 


これがかなりザックリとしたウイルスに対するアルコール消毒の仕組みです。 



「持つものがおり」・・・? 
そうです、エンペローブを持たないウイルスもいるんですよ。 


まさかのまさか、ノロウイルスはエンペローブを持たないウイルスなんです、最悪。 


アルコール消毒ではノロウイルスはやっつけられない

ノロウイルスにはエンペローブが無いためにアルコールで消毒しようとしても効果が無いと言われています。 

もともと保護膜が無くても生きていられるくらいのウイルスですから 
生命力が強いというイメージですね。 


そこで薬品でのノロウイルスの消毒については次亜塩素酸ナトリウムを使います。 


次亜塩素酸ナトリウムはノロウイルスの細胞のたんぱく質を変質させるなどして 
活動できなくさせる効果がある心強い薬品なんですよ! 


ノロウイルスを薬品で完全に消毒したいなら次亜塩素酸ナトリウム一択

薬品を使用しない方法としては85℃以上の熱湯で1分以上煮沸する方法もありますが 
お鍋に入るものに限られますね(^^;) 


ですので子どもが床に吐いちゃったりトイレで飛び散ったりした場合を考えると 
ノロウイルスに対抗すべく私たちが装備できるものは伝説の次亜塩素酸ナトリウムです。 


次亜塩素酸ナトリウムって言ってしまうと「どこで売ってるんだ、そんなの!」 
地元の個人薬局のでも行くしかないのか・・・ 

いえいえ!大丈夫です!どこでも買えます。 


次亜塩素酸ナトリウム=キッチンハイターですから! 


次亜塩素酸ナトリウムの消毒液の作り方

次亜塩素酸ナトリウムは=キッチンハイターです。 
成分表示を見てみると書いてあるはずです。 


これだったら大抵どこのお家にもありますし近所のお店で買うこともできますね^^ 


ノロウイルスの消毒にはキッチンハイターを薄めて使います。 
用途に応じて2種類の濃さを使い分けるとさらに効果的なので作り方を覚えておきましょう! 

必要なものはペットボトル2種類(2リットル、500ml)、キッチンハイター、水です。 
手袋があるとハイターで手荒れせずに済みますね。 


キッチンハイターは次亜塩素酸ナトリウム5%のもので作っています。 
濃度が違う場合は量が変わるので注意してくださいね。 



[嘔吐物、便の処理用:0.1%消毒液]

1.500ミリペットボトルに10mlのキッチンハイターを入れる 
2.飲料が入っている程度の量まで水で薄める 


この消毒液は濃い方で吐いたもの、便の処理に使うためのものです。 

ノロウイルスがたくさん含まれている嘔吐物などを片付ける時に 
それらが付着した場所もしっかり消毒するために濃く作っています。 



[患者が触れた場所の消毒および感染防止用:0.02%消毒液]

1.2リットルペットボトルに8mlのキッチンハイターを入れる 
2.飲料が入っている程度の量まで水で薄める 


この消毒液は患者が触れた場所、例えばドアノブや便座、洗面所など 
さまざまな場所の消毒や感染予防のためのものです。 


[注意!] 

この消毒液は手の消毒(人体)には絶対使用してはいけません。 
物だけです。 

そして便宜上ペットボトルで作っていることで誤飲事故の原因にもなりかねません。 

そのため消毒液を使用して余ったら必ずすぐに捨てて取っておかない様にしてください。 




処理の仕方はここでは割愛しますが基本的に消毒液で洗浄した後 
5~10分置いてから水拭きする使い方になります。 

次亜塩素酸ナトリウムは時間を置いてもにおいが残る(揮発性がない)ので水拭きが必須ですよ。 


このように次亜塩素酸ナトリウムは今のところ最もノロウイルスには効果的なんですが 
使えない場所があるんですよね。 


例えば錆びたら困る金属製品や塗装処理されていない木工製品 
脱色が気になる布製品やもちろん人間も。 

こういうものに患者が触れて消毒がしたい場合はどうしたら良いのか悩んじゃいますよね。 


そこで最近新たに言われているのが 
アルコールも補助的に使う場合は一定の効果があるという見解です。 


スポンサーリンク

アルコールも補助的ならノロウイルスに使用する意味はある説

ノロウイルスにアルコールは意味が無いとずっと言われてきているんですが
つい最近新たな見解がガイドラインとして一般社団法人 アルコール協会か発表してます。 

このガイドラインは次亜塩素酸ナトリウムが使えない物や人体に対して 
ある条件であれば使用する意味はあるとしています。 

・吐物等のように大量のウイルスを含む場合でなければ、ノロウイルスの消毒に関しては、消毒対象物に応じて適切な消毒薬を使用することが重要であり、以下のようにエタノールを活用することを推奨します。 

・石けんと流水による手洗いを行った上で、手洗いの効果を高めるためにエタノールを使用 
一般的には、手洗い後にエタノールを併せて使用することは、相乗効果により、手洗いの効果を高めることになります。 

・すぐに石けんと流水による手洗いが出来ないような場合に、エタノールを使用 


一般社団法人 アルコール協会の平成27年12月10日付けガイドラインより引用 



嘔吐物などを片付ける時は必ず次亜塩素酸ナトリウムを使用すべきです。 
これは鉄則。 


けれども次亜塩素酸ナトリウムと相性の悪い錆びたら困る金属や塗装されていない木工製品や人間に対して、普段の消毒程度のことであればアルコールも意味ないわけではないですよという意見が述べられています。 



私がこのガイドラインを初めて見つけて読んだ時は 
「あっ!アルコールも意味ないわけじゃないんだ」と一瞬思いました。 

でもよく読んでみるとアルコールがノロウイルス消毒に効果があるとは言ってないんですよ。 


物に対するの使用について書かれている部分では「エタノールの使用が望まれる・適切」という言い方だし、人間に対する使用についても「手洗いの効果を高める」と言ってるだけなんです。 

本当に「使って意味ないことは無いよ」くらいの感じなんですよねー・・・。 
ただ手を洗えない時一時的に使うのはいいかなと思いました。 

ちょっとアルコールだけに頼るのは無理がありそうだなと思っちゃいました。(個人的な意見です) 



気になる方はぜひガイドラインを1度読んでみることをオススメします。 

勉強になりますので^^ 


アルコールは細菌やエンペローブを持っているウイルスに対してはとても有効ですし 
少しの知識でうまく活用できるものなので適材適所で使っていくのが1番いいですね! 


アルコール(エタノール)を何かの消毒に使う場合は十分な量を使用して 
物は2度拭き(拭く→15秒置く→拭く)、手は乾くまでしっかり擦り合わせることが良いそうですよ。 

特に手は1乾くのに15秒以上かかるくらいの量を使うそうです。 


こちらも覚えておくと普段の衛生管理に役立ちますね。 


ここで最後にノロウイルス予防の基本であり1番有効な対策である 
手洗いの正しい方法をおさらいしておきましょう^^ 


正しい手洗いが基本!ノロウイルスを付けない・広げない!

これまでノロウイルスになってしまってその処理や消毒のためのお話をしてきたんですが 
予防の基本で最も重要なのが「正しい手洗い」です。 

私は食品関係の会社に務めていたこともあるので作業前の手洗いは徹底してました。 

本当にちゃんと手をキレイに洗おうと思ったらすごく時間がかかるんですよね! 

トイレの後ちゃちゃっと指先だけ流す人もいますけど(苦笑) 
あれならやらないほうがマシです。水の無駄(←いつになく辛口/笑) 


時間がかかって面倒だけどノロウイルスにかかると本当に大変なので予防が1番いいのですよ。 

何が大変って人によっては症状が治まってからも1ヶ月はウイルスを出し続けるので 
ずっとその間まき散らすことになりますからね・・・。 

食品関係でかかったらマジで悲惨です。 

場合によっては何週間も仕事復帰できません。それぐらい大変。 


正しい手洗いの基本は石鹸をつける前にまず流水でしっかりすすぐこと。 
そして石鹸はしっかり泡立てること。 
最後に石鹸をしっかりしっかり流水で流すこと。 


石鹸でノロウイルスをやっつけることはできませんが 
手からはがれやすくさせることはできます。 

だからしっかり泡立てて洗いしっかり流すことが重要なんですね! 


ではイラストで手の洗い方を確認です! 






これらをちゃんと行おうとすると30秒から1分はかかります。 

でもやる価値があることです。 


ノロウイルスは付けない・広げないことが重要なのです! 


家族みんなでしっかり行うようにしたいですね^^ 


今回のまとめ

2016年~2017年にかけての冬は日本の半数以上の県で 
ノロウイルス警報が出る当たり年になってしまいました。 

しかも生ものや通常の料理だけでなく乾物の海苔も原因になりましたね。 

乾物なんて大丈夫そうに思うじゃないですか!? 
私も本当に驚きました。 


だからこそ煮たり焼いたり加熱が十分な食品であっても 
その後にノロウイルスが付いたらダメなんだという意味が分かりましたね。 

マジで手洗い大事ですね! 


では今回のまとめです! 

・ノロウイルスを消毒するには次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイター) 
・用途によって濃さを使い分けるべし 
・アルコールはあくまで補助 
・予防の基本は正しい手洗いから 



少しでもノロウイルスになる確率が減らせるように 
なったとしても適切に対処するようにしたいですね^^ 



次に読んでほしい記事はこちら!ノロウイルスの後に便秘になることがある!?
→ノロウイルスで意外な症状!感染したら注意すべきことは”便秘?!”


スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^