のの字マッサージのやり方で大切な3つのポイントを解説!

お役に立てたらシェアお願いします!







便秘解消のためのマッサージ方法としてのの字マッサージという方法があります。 

実はこの「のの字マッサージ」 
私は出産してから保健師さんにベビーマッサージとして教えてもらいました。 

うちの息子がカチカチうんちで 
切れちゃったりしたのでよく相談したものです。 


私も当時からずっと便秘症だったので保健師さんは 
「お母さんがやっても効果ありますよ~」ということでした。 

それから事あるごとに 
私の場合は特にトイレに座っている時によくやります。 

おまじないと言うか習慣みたいになっているのですが 
マッサージにあわせて腸が動いて排便が促される実感もしています。 


今回はのの字マッサージをご存じない方もすぐできる 
やり方の解説を中心にお話していきますね~。 

スポンサーリンク

のの字マッサージの正しいやり方3つのポイント

のの字マッサージは大腸の形を把握して 
便が大腸の中をスムーズに流れていくイメージを持って行うのが大切です。 

のの字マッサージは腸の形の通りに行うので 
形がわかっていないと見当違いな場所をマッサージしてしまいがちだからです。 


2つ目のポイントは温めながら行うことです。 
手が冷たい場合は温めてから、お風呂の中や布団の中で行うのもOKです。 

ごはんを食べてすぐはやらないでくださいね! 


腸は副交感神経がはたらいている時(=リラックス時)に活発に動きます。 

副交感神経は温めるとより良くはたらいてくれますし 
よりリラックスすることが便秘解消には効果的なので積極的に温めましょう。 


副交感神経と腸の関係について詳しく解説した記事はこちらから読めます! 
→冬は自律神経繁忙期!便秘の理由もそこにあった!


3つ目のポイントはお腹を大きくのの字を書いてマッサージすることです。 

これは保健師さんにも言われたのですが 
おへその周りを小さなのの字でマッサージしてしまう方が多いそうです。 

「おへその周りをのの字に」と説明されることが多いせいでしょう。 

大腸の位置は個人差があるようですが 
思ったより下腹の方から左右も外側にあります。 


おへそから少なくとも指をそろえて4本分ほど離れた場所を目安に
マッサージしてみましょう。 


[のの字マッサージのやり方]

1.仰向けに寝て膝を立てるか座って背筋を伸ばす 
2.両手の指を重ねて気持ちが良いと思う力で押しもみする(力の入れすぎ注意!) 
3.おへそからスタートして右下→右側→お腹上部を左に→左側→左下の順に 
4.5周程度を目安にマッサージする 



硬いコロコロ便が詰まっているような方は 
左腰骨の内側辺り(=S状結腸に当たる場所)を良くマッサージすると効果的です。 


私はトイレに座っていて「あとちょっとで出そう・・」という時 
よくこのS状結腸の辺りをもみもみしていますが結構出てくれます! 


のの字マッサージを行うときは初めにお話した3つのポイントを意識しましょう。 




のの字マッサージをするとどれくらいの時間で効いてくる?

のの字マッサージは大腸に外側から直接刺激が加わるので 
人によっては行ってすぐにお腹がグルグル言い出したりする方もいます。 

リラックスしているとより効果的なので 
おうちですぐトイレに行けるときやトイレに座っている時に試すことをオススメします。


私の個人的な感想としてはマッサージ後に思ったよりすぐに出ることが多いし 
トイレに座りながらマッサージしてもすぐ出てくれることが多いです。 


ですがガンコな便秘の方はなかなか効果が感じられないかもしれません。 

やってみて効果がないからとすぐに諦めないで 
トイレに座る時に習慣づけてやってみるなどしばらく続けることが大切です。 


体調が悪くなったりした時はマッサージを中止してくださいね。 


お腹が痛くなったりしない?

食後すぐや生理の時にのの字マッサージを行ったり強くもみすぎたりしなければ 
マッサージが原因で腹痛になることはあまり考えられません。 

ガスが溜まってお腹が張っていると腹痛を起こすことがありますが 
そういった場合ものの字マッサージは効果的だと言われています。 

マッサージで腸が動きガスも送り出されるので 
お腹が張っているときには気分が悪くならない程度にさすったりするのはOKです。 

スポンサーリンク

下痢の時にやったらどうなる?

下痢といってもいろいろなタイプがありますが 
ストレスが原因で下痢や便秘になっているような場合はリラックスすることが大切です。 

その場合はお風呂で温かいシャワー(40℃程度)をお腹に当てて
のの字マッサージをするのも良いでしょう。 

お湯の温かさとマッサージで副交感神経が優位になると 
よりリラックス効果が高まります。 


便秘や下痢と自律神経は深い関係があるので 
ストレスにさらされることが多い方は試してみるといいと思いますよ! 


今回のまとめ

今回はのの字マッサージのいろんな疑問が解決しましたね。 

お腹が痛いときや下痢の時もよくお腹をさすることってあったので 
実はそんな場合にのの字マッサージってやっていいのかな?と思っていたんです。 

強く押し込んだりせずに自分の手の温度で温めながらさすったり 
温かいお湯を当てると不調の時にも役立ちますね。 


手のぬくもりって気持ちがいいですもんね! 


ベビーバスに浸からせながらお腹を洗っていると 
息子が気持ち良さそうにうんちしちゃったことを思い出しました(笑) 

便秘にはリラックスがとても大切だということですね。 

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^