【新社会人2017】ダメマインドを変えろ!不安も成長の糧!

お役に立てたらシェアお願いします!







晴れて新社会人となるみなさんおめでとうございます! 
新たな門出はワクワクする一方でとても不安な気持ちもあると思います。 

自分は会社でうまくやっていけるんだろうか? 
求めている成果を出せるだろうか? 
世代の違う人と付き合っていけるだろうか? 


などなど社会に出ると言うことは進学とは違って 
重い責任も求められますから不安に思うのは当然なのですが・・・。 


新社会人になって半年くらい経つまでは 
めちゃめちゃストレスとの戦いになって体にも不調が現れることがあります。 


現れやすいのが便秘や下痢、吐き気などの消化器症状ですね。 
体の不調が出てしまうとますます「自分はダメだ」と悪循環になってしまいます。 


この記事では新社会人になる不安にどう対応したらいいか 
ストレスによる体の不調をなるべく起こさないようにする方法をお話していきますね。 


今回は一応社会の荒波に揉まれてきたおばさんの 
おせっかいだと思って話を聞いてもらえたらなと思っています。 

スポンサーリンク

不安(ストレス)から来る体の不調に注意!

新社会人には一気にさまざまなストレスがかかりやすいので 
体に不調が出る場合も多いです。 

・頭が冴えない 
・朝起きられない 
・疲れやすい・疲れが取れない 
・便秘や下痢になる 



新たな生活サイクルに慣れるまで、仕事を一通り覚えるまでは 
ストレスがかかり続けることになります。 

しかしこれら「新たな生活サイクルに慣れる」「仕事を覚える」ということに関しては 
自分のマインドと行動次第で早く壁を越えることが可能です。 


この壁を越えることができたらある程度自分のペースで動けるようになるので 
ラクになるのですが最初1番シンドイのがここの段階ですね。 


もちろんブラックな会社も昨今多いですしそんな会社に入ってしまったら 
マインドだけではどうにもなりません。 

そんな場合は潰される前に逃げましょう。 


ですが一般的な会社であれば自分のマインドと行動で 
うまくやっていける余地は十分ありますよ。 


そのマインドや行動を解説していきますね。 


新社会人になる不安は自分のマインド次第で解消できる

新社会人になって不安に思うことの大部分は 
新しい環境でうまくやっていけるかということに対するものです。 

・仕事を覚えられるか 
・求められている目標を達成できるか 


このような仕事そのものに対する不安であれば 
自分のマインド(信念)をしっかり持ちそれに沿った行動を意識するだけで解消することができます。 

そしてそのマインドがしっかりしていて行動をしていれば 
先輩や上司もしっかり目をかけてフォローしてくれるようになります。 

・先輩や上司に嫌われずにやっていけるか 
という不安も解消できてしまうもんです。 


会社での不安の大部分が自分のマインド1つで割と解決することが多くあるんですよ。 
そうなればもうあなたは最初の壁を突破することは約束されたも同然です。 


社会人は他社依存マインドでは認めてもらえない

他社依存マインドの人は新社会人に限らず先輩・上司クラスでもいますが 
総じて周囲からは認められていません。 

地位的にはなんとなく上にいけたのかもしれませんが 
まったく人望の無いタイプがこれに当たります。 

他社依存マインドとは

読んで字の如し「何でも他人まかせ」ということです。 

・仕事を教えてくれないからできない 
・先輩が指示してくれるだろう 
・まだ教えてもらってる段階だから失敗しても自分は悪くない 


このような他社依存マインドのまま歳を取ってしまったのが 
失敗は部下のせい、人望も全くないダメ上司です。 

イメージしたら他社依存マインドではダメなのが理解できますよね。 

教えてもらっても行動するのは自分です。 
教えてもらったらそこから自分で考えて行動しなかったらできるようにはなりませんよね。 




目的意識をもって行動すべし

学生時代は先生から教えられることが当たり前でしたが 
仕事をしていくには自分から動いていかなければ何もできるようにはなりません。 

なぜなら先輩や上司も仕事の大枠や判断の基準は教えられるけれど 
判断していくのはあなた自身だからです。 

確かに新人を教えることは先輩や上司の仕事ですが 
仕事を覚えてOKかNGの判断ができるように成長していくのはあなたです。 

重要な判断の責任は上司がするかもしれませんが 
いちいち何かするたびに先輩や上司に判断してもらうなんてあり得ないですよね。 


積極的に仕事に向かう姿勢がある人には周りも同じように積極的に関わってくれます。 


最初のうちは仕事を覚えるためにどうしたらいいか 
すべて目的意識を持って行動しましょう。 

・言われたことを忘れやすいからすべてメモする 
・教えてもらったことを忘れてしまったから素直に聞き直してメモに残す 

・先輩がなぜその作業をしているのか考える、質問してみる 


など言われなくても見て学べることは意外とたくさんあります。 

特に3つ目はとても重要ですよ! 
「なぜそれをするのか」を考えると理解が早くなりますからね。 

「仕事だからしているんだろう」では学ぶチャンスを捨ててしまってますよ。 
もしかしたらそこに先輩がうまく仕事を回しているコツが隠れているかもしれないんですから。 


先輩の立場から言うと自分を見て真似しようとしているのはすぐにわかるんですね。 
そして自分を良いと思ってくれているんだからうれしいとも思うわけですよ。 

「こいつ一生懸命でカワイイ奴だな」ってなります。 

そこに「どうしたらそうやってうまくできますか?」とか聞かれたら 
「よしよし、教えてあげよう」って普通はなるもんですよ。 


そうならない場合は心の狭い人であるパターンが多いです(笑) 

自分のすることに根拠と責任を持て!

常に自分で考えることが習慣化すると次に自分がやるべきことも見えるようになりますし 
しっかり先輩もフォローしてくれるので成長も速くなりますね。 

その行動をした根拠がハッキリしていれば失敗しても 
それは次につながる失敗ですから先輩も納得してくれるんです。 

「これをする」→「こうすればうまくいくと考えた」→「でも失敗した」のと 
「こう言われた」→「ただやっただけ」→「失敗した」は全く違いますからね。 

後者は言われたこともできないのかと思われてしまう典型的なパターンです。 

でも前者であれば失敗した時に「こう考えてやってみたけど間違っているか?」を 
先輩に質問することができますよね。 


失敗の理由もハッキリするし間違ったところがあるなら修正もできちゃうわけです。 
言われたことをやるだけとは1歩も2歩も差が出ることは当然です。 

考えて行動すると自分の中で目標が次々出てきてクリアする経験が積み上げられていき自信になるので楽しみながら仕事をすることができるようになっていきます。 


1つ注意しなければならないのは本当に仕事が始まったばかりの時は 
行動する前に先輩に確認することをオススメします。 

いくら根拠のある失敗でもそれをフォローするのは先輩ですから 
余計な仕事と迷惑を増やすことになってしまいますからね。 


「あいつできないくせに勝手にやるから!」と思われます。 


「こういう理由でこうしようと思います」→「OKだよ」という 
先輩のOKをまずは積み重ねることが大事ですね。 

いつもOKをもらえるようになったら 
「1人でやってみなよ!」と言ってもらえるようになりますよ。 


そこまでくれば最初の「考えて根拠を持って行動する」ということが生きてきます。 


続いては疲れの溜まった休日の過ごし方のポイントをお話しますね。 
若いといつまででも眠れてしまうのはよく分かるんですけどダラダラはNGです。 

スポンサーリンク

不安なら休日も積極的に体を動かすべし!

つい休日は昼まで寝てしまったりゴロゴロ、ダラダラしてしまいがちですね。 

しかし体の疲れを取るにもストレスを解消するにも 
休日をダラダラ過ごすことはよくありません。 

体の疲れを取るにもただ寝ているだけより 
軽い運動をしたり掃除などで体を動かした方が良いことがわかっています。 


成功している社長さんや企業家の人は休日も積極的に何かをしている人がほとんどです。 

つい寝て終わってしまう方は1度早起きして平日にできないことをやってみてください。 

・本を読んでみる 
・映画を観る 
・手帳の整理をする 
・スポーツをする 


本や映画は新たな視点の発見にもなりますね。 
社会人として考え方の引き出しがたくさんあることは武器になります。 


手帳の整理は終了した事とこれからやるべきことをハッキリさせるために有効です。 
これも目的意識を持つことにつながってますね。 


成功者と言われる人は休日にスポーツをしていることが多いです。 
体を動かすとリフレッシュできますし意外とそういう時にアイデアが浮かぶんだそうです。 

体を動かすことで便秘なども改善できますし 
体力が付けば免疫力もアップして風邪など軽い病気になることはグンと減りますからね。 

することが見当たらないならスポーツはオススメです。 


社会人になるとどんどん使える時間は減っていきます。 
休日も積極的に動くとやりたいことがどんどん出てきて充実した生活が送れるようになりますよ。 


今回のまとめ

根性論みたいに聞こえたかもしれませんが 
結局のところ会社は人の集まりなのでそうなってしまいます。 

がんばっている人の周りには同じように意識の高いがんばってる人が集まるんです。 

これは間違いありません。 


社会人になったからには流されているだけではもう進めません。 
川の澱みに引っかかって停滞するだけの生活しか先はありません。 


「意識高い系きもーい」 


はい上等。それ言われたら勝ちです(笑) 
人からうらやましがられている証拠ですから。 

そうやって人の足を引っ張る人は放っておいて 
意識高く自分の人生を切り開いていきましょう! 

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^