便秘薬の副作用は必ず知っておいて!副作用が起きた時の対処法も解説

お役に立てたらシェアお願いします!




便秘薬の副作用は知っておいて!副作用対処法


便秘薬使ったことありますか? 

いろんな種類があってCMでもたくさん見かけますよね。 


とても身近な薬ですが使い方によっては怖いことになるかもしれません。 
今回はあなたのお母さんになったつもりでお話します。 


この記事を訪れてくれたということは 
便秘薬の副作用について気になっているからですもんね。 

しっかり解説していますので 
自分に思い当たることがあったら勇気を出して病院に行ってほしいです。 

自分の体のことをしっかり見つめ直してみてください。 

スポンサーリンク

どのような副作用があるのか知りたい

ドラッグストアや薬局で手軽に買える便秘薬。 

便秘薬というと便秘が治りそうだなというイメージが浮かびますが 
直球で言うと「下剤」です。 

だから便秘が治るわけではないんですよね。 
一時的に排便をさせるだけの薬なんです。 


このことをまず頭に入れておかなければなりません。 


市販の便秘薬は主に刺激性下剤と機械性下剤2つのタイプに分けられます。 

そしてそれぞれのタイプを代表するのが 
大腸刺激性下剤と塩類下剤になります。 


[大腸刺激性下剤の副作用]

大腸刺激性下剤は文字通り薬の成分で大腸を刺激して
動かすことで排便を促す薬です。 

主な成分はセンナ、大黄(ダイオウ)、アロエ、ビザコジル、ピコスルファートなどです。 
市販薬の成分表をよく見てみましょう。 


センナや大黄(ダイオウ)が入った便秘薬は効果は高いのですが 
刺激が強く腹痛を引き起こしやすいです。 

ビザコジル、ピコスルファートなどの化学系成分はセンナや大黄に比べて 
効き目はソフトですが大腸を刺激する点では同じです。 


この大腸刺激性下剤で最も怖い副作用が「依存」です。 

本来は一時的に排便させるだけの薬であるのに 
便秘が治ると思って長期間使い続けていると効かなくなってくるのです。 

大腸が薬の刺激に慣れてしまうからです。 

刺激に慣れた腸は薬が来てくれるのを待つように 
自分からは動かなくなってしまいます。 

それをまた便秘薬で出そうと勝手な判断でたくさん飲んだり 
1日に決められた回数以上に飲むようになり悪循環に陥っていくのです。 


すごく怖いですよね。 


薬が効かないと感じたら体や便秘のタイプに合っていない可能性があるので 
使用するのを止めて医師や薬剤師に相談するのが望ましいです。 


[塩類下剤]

塩類下剤は腸内に水分を集めて便をやわらかくする薬です。 

代表的な成分は酸化マグネシウム、水酸化マグネシウムがあります。 


このタイプの下剤は効き目が穏やかで副作用が起こりにくいのが特徴です。 
副作用として腹痛や下痢が起こることはありますが心配するほどではありません。 


酸化マグネシウム便秘薬の詳しい解説はこちらの記事にありますので読んでみて下さい。 
→便秘薬酸化マグネシウムは副作用を知れば怖くない!メリットたくさん

依存も起こりにくいという特徴があります。 


どちらのタイプの薬も便秘を治す薬ではないと言うことを 
もう1度しっかり覚えておいてくださいね。 


漢方は健康保険の適用になるの?

副作用のない便秘薬はあるのか

はっきり言って副作用のない薬はありません。 
副作用もひっくるめて薬の作用ですからね。 

人間にとって良くない作用を副作用と言ってるだけのことです。 


ですから何度も言います。 

便秘薬は便秘を治す薬ではありません!


どうしても出なくて困った時に使って 
それでも何をしてもダメな場合はすぐ病院へ行ってくださいね。 


副作用の出ない使い方も気になるかと思います。 

腹痛や吐き気などの症状は飲んだ時の体調や体質もあるので 
確実に副作用を出さないのは無理があります。 


しかし依存は自分の使い方で防ぐことができます。 


それは薬の説明書どおり決められた量、回数を守るということです。 
自分の体のことを思うなら絶対に守ってくださいね。 

スポンサーリンク

副作用が出たらどうすればいいか

便秘薬を使用した腹痛や下痢、吐き気などの症状が出ることがあります。 

その場合、もしかしたら飲んだ薬が便秘のタイプや体質に合っていないかもしれません。 


便秘薬でお腹が痛くなったり下痢になるのは致し方ない部分もあるのですが 
便秘のたびに薬を使うようになっていたり、効かないと感じたら病院を考えましょう。 


さらにポイントがありますのでよく読んでくださいね! 


すでに便秘薬を長期間使用してしまっている人は怖いでしょうが 
すぐに止めたりしないでください。 

腸の機能が低下しているのでいきなり止めると排便ができなくなる可能性があります。 

ですのでこの記事を読んで「自分は依存かもしれない」と思ったら 
まず病院でそのことをしっかり相談してください。 

そして医師としっかり薬を止めていく話をしましょう。 


これはわたしからのお願いです。 


今回のまとめ

私自身も数回便秘薬を使用したことがあるのですが 
合わなかったのかお腹が痛くなりました。 

それでネットで調べたら依存とか怖いワードが出てきたので 
速攻止めた記憶があります。 


私個人としては「便秘薬」って言うの良くないと思うんですよ。 


だって勘違いしますもん、便秘が治るって。 


もう1度言いますが便秘薬は便秘を治す薬じゃないですからね! 
下剤ですからね! 


この記事を読んでちょっと怖くなってくれるといいなと思ってるんです。 
ちゃんとした意識を持ってお薬を使ってほしいですからね。 

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^