冬のコロコロ便秘は生活習慣の改善がカギ!私の実体験をお話します

お役に立てたらシェアお願いします!




shi75_chikayoruusagi_tp_v


コロコロ便・・・私は長いことコイツと戦ってきました。 
今でも時々便秘になるとこのコロコロ便に悩まされます。 

冬は特にその傾向が強いように思いますね。 


自分では何気ないありがちな生活習慣がきっかけで 
ならなくても良い便秘になってしまっていることもありますよ! 

今回は私の生活で良くなかったところをご紹介しますので 
ご自身の生活とも照らし合わせてみてください。 


「これくらいいいよね?」 


自分を甘やかした結果、私は自分から便秘になってしまってました。


私と似ている方は改善しないと苦しい思いをしてしまいますよ。 
記事を読んで絶対にマネしないように!(笑) 

スポンサーリンク

ゆっくりトイレに行く時間がありませんでした・・・

私がコロコロ便秘中の生活を思い出してみると 
朝起きられずバタバタ出かけていく日々が続いている時でした。 

冬は寒くてなかなかベッドから出られず2度寝、3度寝・・・。 
気づいた時にはビックリして飛び起き、トイレに行く時間はもちろんなし。 

出勤してしまえばゆっくりトイレにも行けずじまい。 


こんな時のお腹の中では 
「せっかく作られた便が出られず溜まる一方」ですね。 


1日腸の中に溜められてしまった便は 
どんどん水分が吸収されて硬くなっていきます。 

たった1日、朝トイレに行けなかっただけで 
簡単にコロコロ便ができてしまいます。 


これだけならまだいいのですが、 
朝ごはんも食べない、水分もろくに取らない状態が重なると 
さらに悪循環になっていってしまいます。 


朝に限らず排便があれば便秘ではありませんが 
朝以外の時間に排便の習慣がある方も要注意! 

冬は寒くてついトイレをガマンしがちです。 

「また出たくなるだろう」はもったいない! 

せっかくの便意を逃してしまうと悪循環の引き金になってしまいますよ。 


部屋を暖めておいたり、トイレに小さなヒーターを置くなどして 
ガマンしないような環境を整えることも工夫のひとつですね。 


ろくな食事をしていませんでした・・・

バタバタ出かけていく朝はごはんなんか食べていられません。 
昼も会社でおにぎりやパンなど簡単に食べられるものばかり。 

これがなぜ悪いのかというと・・・ 


お腹の中には朝出せなかった便が溜まっています。 

溜まった便の中では排泄されるはずだった悪玉菌が 
便をエサにどんどん増えていきます。 


ここで善玉菌が元気になるような朝食、例えば 
食物繊維やオリゴ糖などが含まれる食事を摂っていれば 
善玉菌ががんばってくれて腸を動かして出そうとしてくれます。 


ですが朝食も摂らない、昼も偏った食事では 
悪玉菌が増えていくばかりで腸の中はどんどん悪くなっていってしまいます。 


pak85_lalaonakaitaidesu20140321_tp_v

乱れた生活はコロコロ便秘のもと!

いやいやお恥ずかしい限りです。 

書いていて自分でも「これは便秘が悪化して当たり前」と思います。 


ですがいろんな方に当てはまると思います。 

私のように朝寝坊や偏った食事だけじゃないですよ。 

ついつい暴飲暴食したり、甘いものばかり食べたり。 
夜更かしをしたり、運動しなかったり。 


何かしら自分に甘いところが出てしまうものです。 
それがたまにだったら問題ないのですが・・・。 


私も毎日ヨーグルトを食べたり、体を動かすようにしています。 
便秘に良いと言われたことはいろいろ試します。 

それでも便秘になったり、便秘が解消されないのは 
根本的な生活習慣に問題があったからと言わざるを得ません。 


自分の生活習慣に問題があってもつい認めたくないんですよね。 
客観的に見れば原因は大ありなんですが。 


それでアレを試しても効かない、コレも効かないと 
自分の悪いところから目をそらしてしまうんですよね。 


いろんな便秘対策をして改善されないという方は 
もう1度自分の生活を見直してみるのも大事なことかもしれませんね。 

スポンサーリンク

あまりにも出ない場合は薬や病院を考えて!

冬は夏より喉が渇かない上に乾燥しているので 
水分不足になりやすいために便が硬くなってしまいがちです。 

ですがコロコロ便は水分不足だけが原因ではありません。


ガンコなコロコロ便秘の方は 
悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなっている場合が多いです。 

悪玉菌が増えた腸は正しく動けなくなって 
便を押し出す力が弱くなりコロコロ便秘の悪循環になってしまうのです。 


どうしてもコロコロ便がいきんでも出なかったり 
血が出てしまうほど硬くなってしまっている場合もありますよね。 

そういった場合はムリして出そうとせずに 
病院で診てもらって1度お腹をリセットした方が良いです。 


1度お腹の中から便を出してしまってから 
善玉菌を再度育てていくというイメージですね。 


善玉菌を増やすには水溶性食物繊維とオリゴ糖を摂ると 
エサとなり増えやすくなります。 

さらに善玉菌はオリゴ糖を食べると酸を出すので 
それが腸の刺激になりぜん動運動を促してくれます。 


悪玉菌と善玉菌についてはこちらの記事で解説していますので 
参考にして善玉菌を育てていきましょう! 

→悪玉菌を減らす方法はイメージすればかんたん!キャラ設定して解説


またどうしても浣腸はムリという方は 
「塩類下剤」という種類のお薬を使う方法もあります。 

塩類下剤でよく知られているのは酸化マグネシウムです。 

塩類下剤は便に水分を与えやわらかくするのが主な作用なので 
お腹が痛くなりにくいのが特徴です。 


薬局の薬剤師さんに1度相談してみるとよいでしょう。 


あまりにもひどいコロコロ便秘は腸の動きに問題があったり 
病気が隠れている場合もありますので1度病院で診てもらうことをおススメします。 


記事のまとめ

実は私があまりにもひどい便秘で体調が悪くなった時が 
コロコロ便秘に悩んでいた時でした。 

私の場合は腸の動きがだいぶ悪くなっていました。 
(けいれん性便秘、過敏性腸症候群の手前だと言われました) 


不規則な生活がやはり原因でしたね・・・(汗) 


ですのでまず自分の生活を見直してそれでも 
コロコロ便秘が良くならない場合病院へ行くべきです。 

たかが便秘と侮るなかれです! 


私もその後はすっかり懲りて生活習慣を改善するように 
注意して毎日を送っています。 

家族にもう心配はかけたくないですからね! 

おかげでだいぶ便秘に悩まされることは少なくなりましたよ。 

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^