漢方は健康保険の適用になるの?漢方処方のきほんのキ!

お役に立てたらシェアお願いします!




漢方は健康保険の適用になるの?


私は便秘で悩んでいていろんなことを試してもなかなか改善されないので 
漢方薬はどうだろうと思ったことがあります。 

しかしはたと考えてみたら 
「漢方薬ってどこで出してもらえるのかな?」 
「病院で保険使えるのかな?」 
「って言うかそもそも病院でもらえるのかな?」 

とわからないことばかり。 


まったく漢方について知識がなかったので 
基本的なことから調べてみました! 


今回は 

・漢方は健康保険の適用なのか? 
・病院で漢方を出してもらえるのか? 
・漢方はいくらぐらいかかるのか?


を噛みくだいてお伝えしていきます。 


私と同じように漢方ってどうだろうと気になっている方の 
お役に立つはずです! 

スポンサーリンク

漢方を試してみたいけど保険適用になるの?


通常、病院には何かの症状があって診てもらいに行きます。 
そして診察を受けて病名が付き、治療のために必要であれば薬が処方されます。 

一般的な流れはこんな感じで 
健康保険が適用されて3割とか1割の負担で済むようになってますよね。 


健康保険にはさまざまなルールがあり 
そのルールに合うものを行った時しか保険適用にならないわけです。 


上で書いた「診察」や「薬の処方」もルールに沿っているから 
保険適用になるんですね。 


漢方薬が保険適用かどうかは「薬の処方」の部分の 
ルールにかかっているということになります。 


大まかに説明しますと 

保険診療を行っている施設で 
明らかな症状や病気があると診断され 
・医師が発行する処方箋に基づき 
保険適用が認められている医薬品に限り 


健康保険が使えて3割や1割の負担で使えるということになります。 


現在日本では保険適用の漢方は 

・エキス製剤(約150種類) 
・煎じ薬(生薬200種類以上) 


が認められているのでこの中から医師が選んで処方します。 


エキス製剤とは一般の西洋薬のように顆粒状で袋詰めされたもので 
手間をかけずに飲めるようになっているものです。 

煎じ薬は処方された生薬(植物の皮や種子とか)を自分で煮出して 
飲むもので手間がかかるタイプの薬です。 


このように健康保険のルールに決められている手順で 
国に保険適用が認められている漢方に限って保険で使うことができます。 


どこで漢方を買うことができるのかわからない

保険適用で漢方を使いたいならば保険診療をしている病院に行って 
「便秘でこのような症状があり漢方を試してみたい」と言えば 
出してくれる可能性があります。 


ただし確実に漢方が処方されるとは限りません。 
医師が西洋薬の方がいいと判断すれば通常の薬になります。 

また医師も漢方の専門的な知識があるとは限らないのが実情です。 


さらに漢方処方は自由診療(自費診療)になっている病院もあるので 
自分で調べて病院に問い合わせた方が良いでしょう。 


ネットで「漢方 病院 保険」などと検索すれば 
病院もたくさん出てきます。 

どこの病院を受診するか、そこで判断された治療を受けるかは 
自分の判断でしなければなりませんのでしっかり調べることをオススメします。 

スポンサーリンク

漢方を使うのはいくらぐらいかかるのか

保険診療の漢方であれば通常の薬と同じくらいの値段と考えて良いです。 
薬よっても違いますがそこまで高額になることはないはずです。 


ここでなぜ値段の話をしたかというと 
病院の保険診療以外の場所でも漢方を買うことができるところがあるからです。 
あとは上でも書いた自由診療(自費診療)の場合もありますからね。 


自費で漢方を買える場所には漢方専門薬局などがあります。 

漢方専門薬局では漢方を専門的に学んだ薬剤師が処方します。 
証(しょう)という漢方医学の判断基準に沿ってあなたに合った漢方を選んでくれるのです。 

当然保険は使えませんのですべて自費になります。 

相場は月に数万円かかる場合が多いです。 


漢方専門薬局で処方してもらうことのメリットは 
体質改善などの目的でも処方してもらえるということです。 

病院で保険適用になるには具体的な症状があったり病気でないとダメですからね。 


高いお金をかけても専門的な知識がある人に相談したい場合は 
検討してみてもいいのかもしれません。 


今日のまとめ

今回調べてみて思ったのは 
「漢方レベル高けぇ!!」ってことですね(笑) 

ちょっと安易に漢方いいかもとか思ってたんですが 
自分に合う病院が近くにあるとも限らないし、漢方が合うかもわからないし。 

医師も漢方に詳しい人がいれば良いですが 
なかなかそうもいかないみたいです。 

漢方専門薬局も一長一短ですよね。 

医師じゃない人に判断されるのは嫌という方もいるでしょうし 
高いお金がかかるのはキツイですからね。 


どちらにしても自分の体のことなので 
少しは知識を持たないといけないなと言うことがわかりました。 


漢方について気になっていた方は参考になったと思います。 
今回はちょっと込み入った話をしたのですが 
最後まで読んでいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^