冷えや便秘って漢方で本当に何とかなる?初心者にもわかりやすく説明

お役に立てたらシェアお願いします!







冬になるとますます冷えがつらい季節になるし 
冷えてるせいかなんとなく便秘がち・・・ 

テレビや雑誌のいろんな方法をちょこっと試しては 
見るもののなかなか効果はイマイチ。 

そこで流れてきたテレビのCM。 


便秘には「○○漢方便秘薬~♪」 


「漢方か・・・」試してみたいかも! 
はい!私のパターンです(笑)すぐに釣られる簡単な人間です。 

でも本当に漢方って良さそうだから本当に効くなら良いよね!ということで 
全く漢方について知識のない私がテキトーにドラッグストアで 
漢方便秘薬を買って使ってみても効かない。 

もうちょっと長い期間飲まないとダメなのかなとしばらく続けても効かない。 


なんじゃこりゃ。 


不思議に思っていろいろ調べた結果、意外や意外。 

勝手なイメージで漢方薬は一般的な薬よりも安全で 
カラダに優しくて効くと思っていたのですがちゃんと使わないと 
ダメなものだということが判明しました! 


私のように無駄なお金を使って効かないなんてことになりたくない方は 
この記事を読むべし!! 

スポンサーリンク

ズバリ冷えや便秘に漢方は効くのか?

これは書いていて何なんですが「人による」としか言えないようです。 

また冷えや便秘に効くと言われている漢方薬もさまざまあり種類によってもすぐ効くもの 
長期間服用してみて初めて効果の出るものがあります。 

漢方はそもそも「冷え」や「便秘」という症状に対して薬を飲むという考え方をしておらず 
何かの原因があってそのせいで冷えや便秘が起きていると考えます。 

その原因を漢方医学で探り、解消するために漢方薬で体質改善を図るというものなんです。 


便秘に悩んでいると「何でもいいからスッキリしたい!」 
という考えに陥りがちです。私もそうでした。 

「いろいろ試してみたけど改善されないだもん! 
だったら漢方って良いって聞くし飲んでみたい」という気持ちもすごく良くわかります。 

でも漢方について調べていると良いことばかりではないし 
そもそも漢方についてよく知らなかったことに気づいたんです。 

下剤は嫌いで漢方をと考えていましたが、(下剤と漢方の便秘薬とは何が違うの?)と聞きましたら、薬剤師いわく、どちらも下剤ですと言われました。 
えぇ?!でした。


というネットの意見もあったくらいですからね。 

これはいくら冷えや便秘に悩んでいるからと言って安易に飲むべきものなのか? 
と疑問に思ったわけです。 


そもそも漢方とは?

漢方についてまったく知識のない私は勝手なイメージで 

・普通の薬より体に優しそう 
・薬っていうよりサプリ的なものなのかな? 

と思っていました。 

果たしてそのイメージは当たっているのか!? 


調べた結果がザックリザックリ言うと・・・ 

・「漢方は自然治癒力を高める医学の考え方」 
・「漢方薬は漢方で使われる薬」 


やはり「薬」なんですよね。


そして体に優しいかというイメージについても・・・ 
漢方薬でも副作用はあるし、アレルギー反応が出たりすることもある!

これは意外でした。 

おそらく私と同じように思っていた方も多いのではないでしょうか? 


あと私がサプリ的なもの?とイメージしてたのはドラッグストアに並んでいる 
便秘に効くお茶を目にしていたからなんですね。 

もりもり茶とかみたいな便秘茶や冷え性に効くと言われるカラダぽかぽか茶みたいなのも 
漢方薬の一種と思ってました。 

厳密に言ったら漢方薬ではないんですが 
便秘茶の中にも下剤と同じ成分を含んでいるものがあるのでそこは心得ておいた方が良いですね。 

スポンサーリンク

漢方って体に優しい?副作用の可能性

漢方薬もちゃんとした薬ってことでやはり人によっては副作用が出る場合があります。 

代表的な漢方の便秘薬である大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)は 

・顔や手のむくみ
・頭痛
・手足のしびれやこわばり
・嘔吐

などの症状が出ることがあります。 

「大黄(ダイオウ)」は刺激性下剤成分を含むためいわゆる便秘薬とおんなじなんですね。 

それに子宮収縮作用があるので妊婦さん・妊娠の可能性のある女性は要注意です!! 


この事実を知ると簡単に「ちょっと飲んでみよっかな~」とは思えなくなりましたね。 


わたしに漢方は必要?

「あまりにも冷えや便秘がつらくてどうしようもない」 
「だから漢方薬も試してみたい」 

というのであればキチンと病院へ行って薬が必要なのか 
何か重大な病気が隠れていないかを調べてもらうのもとっても大事なことです。 

私も以前はひどい冷え性と便秘に悩んでいて 
仕事中にどうしても気分が悪くなり倒れてしまったことがあります。 
(その時は適切な処置で大事には至りませんでした) 

一晩様子を見るために入院したのですが、旦那さんや子どもたちに心配をかけてしまって 
たった一晩なのに申し訳なくて眠れませんでした。 


こんなことになる前に自分のカラダに目を向けてあげることも大事です。 

どうしても試したい場合はちゃんとした病院や薬剤師さんに相談して処方してもらうのが安全ですね。 


記事のまとめ

漢方って良く耳にはするけれど全然知らなかったなと思いました。 

・本当に効くかどうかは人それぞれ
・漢方薬はサプリではなく「薬」
・副作用も出ることがある
・使いたい場合は1度病院へ


今回調べたことを長いこと効かない薬に無駄金を使う前に知っていたら・・・ 
と小一時間悔やみましたよ(笑) 

代表的な漢方の便秘薬が妊婦さん注意って言うのもビックリだったし。 
私若干妊娠してたとき飲んでる可能性あります(^_^;)あぶない~。 


冷えや便秘はなかなか改善されないのでつい「とりあえず」と 
薬を飲んでその場しのぎ・・ってやりがち。 

ちゃんと自分のどこに原因があるのか調べるのもとても大切なことですね。 

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^