花粉症の薬は効果と引き換えに便秘を起こす?管理人の体験談公開!

お役に立てたらシェアお願いします!







1度花粉症になってしまうともう毎年毎年憂うつですよね。 
早い方は2月頭くらいから症状が現れてくると思います。 

私の母も毎年2月になると「もう来た!!」と言っては 
箱ティッシュを持ち歩く日々が始まります。 


本当辛そうです。 


合わせて母を悩ませるのが便秘です。 
花粉症の薬を飲み始めると便秘がひどくなるらしく長くトイレにこもってます。 

これって花粉症の薬の副作用なんでしょうか? 

同じように花粉症の薬を飲むと便秘になってしまうという方は 
読めばなぜ便秘になるのかハッキリしますよ。 


さらに元花粉症の私、まゆみの花粉症克服秘話を特別にお話します!!

実際に私が花粉症がほぼ無くなった時にしていたことをお話しますので 
参考にしていただけたらと思います! 

お楽しみに♪ 

スポンサーリンク

花粉症の薬で便秘になったのは気のせい?

私の母が若い頃からアレルギー体質でご多聞に漏れず花粉症にもやられています。 
花粉症の薬を飲んで何とかしのいでいるのですがかなり便秘になると毎年愚痴ってますね。 

一応整腸剤も出してもらっているみたいなんですがあまり効果を感じていないようです。 


花粉症の薬で便秘になるという症状は私の母だけなのか気になります。 
(もともと便秘がちなので薬のせいじゃないかもしれないですから) 

気のせいとか生活習慣とか薬以外の要因もあるだろうと私はにらんでいるのですが 
同じような方がいないか調べてみるといろいろ見つかりました。 


一部をTwitterから引用させていただきます。 




この他にも同じような意見が多数あり、花粉症の薬で便秘になると感じているのは 
どうやら私の母だけではなかったようです。 


では花粉症の薬の中のどの成分が便秘にさせてしまっているのでしょう? 
もしくはみんなが気のせいなんでしょうか? 


真実やいかに?! 


花粉症の薬のこの成分が便秘にさせている!

花粉症の薬だけでなく多くのアレルギーの薬や風邪薬に含まれている成分に 
抗ヒスタミン剤というものがあります。 

私もCMなどで何度も聞いたことがあったので名前だけは知っていました。 

この抗ヒスタミン剤は名前の通りヒスタミンを抑える(抗ヒスタミン作用)薬です。

ヒスタミンは体にも脳にもはたらく物資なのですが 
体で過剰に分泌されると炎症やアレルギー症状を起こすと言われています。 

脳では覚醒に大きく関わっています。 


イメージとしてはアレルギー症状を起こすパンドラの箱の鍵をヒスタミンが開けてしまうという感じ。 
抗ヒスタミン剤は鍵穴をガードしてくれるので箱が開くのを阻止できるというわけです。 


抗ヒスタミン剤でヒスタミンを抑えると 
アレルギー症状の緩和も期待できる代わりに脳の覚醒も抑えられて眠気が起こる場合があります。 

これが主な副作用である眠気につながっているんです。 


抗ヒスタミン剤が体に与える影響のイメージができたと思います。 


そうです、腸に対してもあるはたらきが起こるため 
便秘を訴える人も出てくるというわけです。 


抗ヒスタミン作用とともに抗コリン作用というはたらきもあります。 
抗コリン作用は口の渇きや便秘を起こす可能性があることが知られています。 


ただしこの薬を飲んだ人すべてにこうした副作用が起こるかと言われると 
必ずしもそうではありません。 

眠気も便秘も症状が出る人と出ない人は存在するんです。 


しかし花粉症の薬を飲むと便秘になる可能性があることは確かなようです。 




どうやって薬による便秘を改善したらいい?

花粉症の薬で便秘になっているのだとしたら 
原因となる飲むのを止めれば副作用は出なくなります。 

でもそれだと花粉症の不快症状もまた出てしまうわけなので 
あまり良い方法とは言えないと思います。 


花粉症の症状を薬で抑えながら且つ便秘も解消したければ 
薬を処方してくれた医師に「便秘で悩んでいる」と相談するのがベターです。 


素人判断では薬の飲み合わせの禁忌も分からないからです。 

私の母のように整腸剤で様子を見るのか、下剤を処方されるのかはたまた花粉症の薬を変更するのか自分がアレルギー症状に対してどうしたいのか医師にキチンと話して判断を仰ぐべきでしょう。 


もし市販薬を飲んでいる場合も薬局の薬剤師に相談して 
どう対処するか決めると良いと思います。 


続いてはいよいよ私の花粉症克服秘話をお話したいと思います! 

スポンサーリンク

薬以外で花粉症や便秘を治す方法はあるのか?

私も5年ほど前まで毎年のように花粉症に悩んでいました。 

私の場合は目のかゆみがひどく、鼻水も出るという感じでしたが 
目のかゆみは眼科の点眼薬で何とかしのいでいました。 


その当時私はかなり太っていてダイエットのためにジムに通い 
せっせと励んでいる時期でもありました。 

そうして2年ほどかけてダイエットに成功し10キロほど体重を落とすことに成功したのです。 


そうしたらなんと!目のかゆみがひどかったのがほとんど無くなり少しだけ目やにが出る程度 
鼻水もたまにかむ程度で気にならなくなったんです。 


これは本当に自分でもビックリしました。 


何が良かったのかは正直今でも分かりません。 
痩せたことで体質改善になったのか、痩せるための食生活の改善が良かったのか 
その程度しか私には思い当たりません。 


ただ花粉症を治す手段の1つとして体質改善が挙げられているなど 
今までの自分の生活を見直すことが良いという説もありますよね。 


当時は本当にがんばって運動もしたし、バランスの良い食事に気を使いました。


これらはダイエットしかり、花粉症しかり、便秘しかり 
生活習慣が大きく関わっているのは確かだと思うので見直すべきことだと思います。 


誰もが誰も私と同じようにして花粉症が治るわけではないでしょうが 
もし生活習慣に良くないところがあるなら改善するに越したことはないというのが私の意見です。 


ご自身の生活でお菓子ばかり食べているとかジャンクフードが多いとか野菜が少ないとか 
何か「これは良くないなぁ」ということがあれば少しずつ改善することをオススメします。 

それで花粉症は治らなくても確実に便秘解消の一助にはなるはずですからね! 


今回のまとめ

ちなみに現在でも花粉症は再度ひどくなったりしていませんよ。 
体重は少し戻っちゃいましたが(苦笑) 

もしかしてこのままずるずる太ってリバウンドしたら 
花粉症もリバウンドするかもしれないと思ってます。 


その時はまたこの記事に追加でご報告しますね・・・。


花粉症の症状は生活に支障が出ますから薬で何とかしたいものです。 
だからと言って代わりに便秘になってもいいや!というのも違うと思います。 

薬だけでなく腸内環境を整えるなど自分でできることをするのも必ず必要なことです。 


その手助けとなる記事もたくさんありますので 
ぜひ他の記事も読んでいただいて便秘解消に役立ててもらえたらうれしいです! 


腸内環境の改善はまずコチラの記事を読むべし!
→乳酸菌の効果は”菌”それぞれ!便秘解消する理由を解説

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^