ふすまパンなら糖質量制限ダイエットしても便秘になりにくい!

お役に立てたらシェアお願いします!






ふすまパンのイメージ


今やダイエットの方法としてその地位を固めたとも言える糖質制限。 

元々は糖尿病患者さんの食事方法として提案されたものと聞いたことがありますが 
糖尿病患者さんはダイエットも必要ですからね。 

ダイエットの部分が注目されて一般にも広まったんでしょうね。 


その糖質制限ブームでこちらも一躍人気になったのが「ふすまパン」でしょう。 

大手コンビニでもパンコーナーに置いてますし 
家で焼く派の方のためにふすまパンのミックス粉も最近は充実してますね。 

このふすまパンって糖質量を抑えながらダイエットできるのはもちろん 
ある点でとても良い食べ物だと私は思っているんです。 


それはダイエット中のお悩み上位である便秘になりにくくしてくれること! 


どうしてもダイエット中は糖質制限の他に食事制限もしたりするので 
便秘になってしまう人がすごく多いんですよ。 

あなたももしかしたら悩んでいませんか? 


私もダイエット経験がありますし実際その当時はけっこう悩まされました。 
その当時にふすまパンがあったら食べ物の選択の幅が広がったのにと今でも思います。 


ふすまパンを取り入れているとダイエット中に不足しがちなあるものが 
簡単に補えるので便秘対策にもオススメなんですよ♪ 


ふすまパンをダイエットに取り入れる時の糖質量のチェックの仕方や 
便秘になりにくくする方法を分かりやすく解説していきますね! 


スポンサーリンク

ふすまパンの糖質量は?

普通パンの材料といえば小麦粉ですがふすまパンには「ふすま粉」が使われています。 

ふすまとは小麦の1番外側にある硬い殻の部分で 
それを細かく粉砕して粉にしたものがふすま粉ですね。 

このふすま粉が使われているパンならばおそらくどれでも 
「ふすまパン」とか糖質オフとか書かれているはずです。 


だけどちょっと待った! 


あなたが手に取ったふすまパンの成分表示、ちゃんと見ましたか?


見ないで買っているあなたは自分が思った糖質量以上に取っている可能性もありますよ。 


ふすま粉が使われているパンならふすまパンなんですけど 
材料や作り方ってみんな同じじゃないです。 


どのメーカーも同じ材料、同じ作り方なら「ふすまパンの糖質量は○グラム」と断言できますが、実際は商品ごとに糖質量にも違いが出ています。 

ですから「ふすまパンの糖質量は?」と疑問ならば 
自分が買おうとしているふすまパンの栄養成分表を確認することが大切なんですよ♪ 

ダイエットするなら糖質量は1日どれくらいにすべき?

よしわかった!買うときに表示を見よう!と思ってもらえたなら 
次はダイエットするなら1日に糖質量はどのくらいに抑えるべきなのか知っておく必要もありますね。 

目標にもよりますが過度な糖質量の制限は体に良くないと私は考えているので 
過度な制限をしすぎないためにも大切なことです。 


糖質量の差は味の差にも影響していると考えられるので(ふすま粉以外の材料の比率とか) 
自分の目標値を決めてその中で自分に合うふすまパンを探すという目的もあります。 


美味しくなくて続けられないなら意味ないですからね。 


そうならないためにも自分の糖質量目標値内で選べるふすまパンは多い方が良いってことです^^ 


いろんなタイプの糖質制限がありますが健康な人がダイエットを目的とするなら 
1日100~170グラム程度の範囲内にするのが主流のようです。 

・170グラムの場合は一般的にプチ糖質制限と言われるレベル 
・100グラムの場合は一般的にスタンダード糖質制限と言われるレベル 


自分の減量目標によっても違いますが最もゆるいものから始めて体調悪化がなければ継続するのがいいと思います。 

決して体調が悪いのに続けたり100グラム以下に糖質量を制限するのはオススメできません。 


そして糖質量を制限するとともに 
食事量や食事内容もあまりに制限してしまうことは危険です。 

あくまで健康的にダイエットするのが正しいんですから^^ 


ふすまパン以外糖質を食べないとか 
たんぱく質や脂質まで極端に減らすことは止めましょうね! 

それがダイエット中に多いお悩み「便秘」の原因の1つになってしまいます。 


スポンサーリンク

ダイエットに多いお悩みの1つが便秘

ダイエット中は女性で便秘になってしまう方が多くいます。 

特に10~20代の女性は早く痩せたい思いが強かったり体も無理できてしまうので 
過剰な糖質量の制限や食事量の制限をしてしまいがちだからです。 

ダイエット中に便秘になる理由

便は食べたものや腸内の老廃物のかたまりですから 
食べる量が少なければ当然便秘になってしまいますよね。 

糖質量を制限しているとお米や豆類、いも類は真っ先に敵視される食べ物ですので 
不溶性食物繊維が不足しがちになるのも原因です。 


食物繊維には2種類あって不溶性食物繊維が主に便の量を増やす役割をしてますので 
不足すると良い便ができなくなるだけでなく本来はまとまった量の便で腸が刺激されて動くのが少なくなってしまうことにもなるんですね。 


ふすまパンのイメージ2

ふすまパンなら糖質量を制限でき食物繊維も同時に摂れる!

ふすまパンは不溶性食物繊維がふすま粉を原料に作られています。 


例としてふすまパンが有名になるきっかけとなった 
ローソンのブランパンとブランブレッドの食物繊維量を見てみましょう。 

[ローソン] 
ブランパン 2個入 2個 66kcal  糖質量:2.2g 食物繊維:5.7g 
ブランブレッド  1個 219kcal 糖質量:7.3g 食物繊維:18.6g 

引用:ローソン公式ホームページ ベーカリー栄養成分表 
http://www.lawson.co.jp/recommend/original/bakery/nutritional/ 



一般的なパンの場合はこのようになります。 

食パン(6枚切り)1枚  158kcal  糖質量:26.8g 食物繊維:1.38g 
コッペパン(50g)1個  133kcal  糖質量:21.0g 食物繊維:1g 

ちなみにご飯はこんな感じ。 
ご飯(160グラム)1膳  269kcal  糖質量:59.36g 食物繊維:0.48g 



商品やメーカーによって成分には違いがありますが 
やはりふすまパンの糖質量はかなり少なく、食物繊維は豊富なのがよく分かりますね。 


成人女性が1日に摂るべき食物繊維目安量は17グラム以上とされています。 

糖質制限でダイエットをするなら普通のパンをふすまパンに置き換えたり 
1日に1回ご飯と置き換えたりするのはとても有効だと思います。 

しかもふすまパンなら不溶性食物繊維が豊富なので1日の目安量を補うにも最適です。 


ただし1つだけ気をつけないといけないのは水溶性食物繊維も摂らないと 
逆に便秘の原因になる
ということ。 

不溶性2に対して水溶性1の割合で摂ることがゴールデンバランスなので 
ふすまパンとともに水溶性食物繊維が摂れる食品も積極的に摂りましょうね! 

水溶性食物繊維が豊富な食品はごぼうや海藻類、アボカドなどがあります。 

最近人気のもち麦やキヌア、アマランサスも水溶性食物繊維が多めの食品なので 
サラダのトッピングなどに使うのもオススメです。 


これらの食品にも水溶性だけでなく不溶性食物繊維が含まれていますから 
どれかに偏って食べるのではなくふすまパンを中心にバランス良く食べることが大切ですよ。 


今回のまとめ

ふすまパンって味の好き嫌いはあると思うんですが 
本当ローソンのおかげで定着した食べ物ですよね。 

私もお試しでブランパンを食べてみたことあるんですが 
何とも言えないモチっというか大豆肉のような食感が美味しいと感じました。 

バターたっぷりのパンが好きな人には合わないかもしれないですけどね(笑) 


一定の糖質量を減らすことは健康維持やダイエットにもつながりますから 
食べ過ぎた翌日はランチに取り入れたりなど適切に使うと良いですね。 

食べないダイエットが1番ダメだし便秘の原因にもなるので 
しっかり食べても糖質量が管理しやすくて食物繊維も摂れるふすまパンを賢く使いましょう! 


今回のまとめは・・・ 

・ふすまパンを買うときは成分表示をしっかり確認! 
・糖質量の制限は100グラム以下にしない!うまくコントロールすること! 
・ふすまパンは不溶性食物繊維が豊富 
・水溶性食物繊維もバランスよく取ればダイエット中も便秘になりにくい! 



ふすまパンでうまく食事や糖質量をコントロールして 
便秘に悩まない健康なダイエットをしましょうね♪ 



次に読んでほしい記事はこちら!寒天も便秘解消やダイエットにオススメな食材です!
→寒天はやっぱり便秘やメタボに効果アリ!飽きずに続ける方法まとめ!


スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^