発芽大豆が便秘に効くのはGABAのおかげ!?ストレスが多い方必見!

お役に立てたらシェアお願いします!









発芽米、発芽玄米、スプラウトなどの発芽野菜など近年は植物が発芽した食べ物が多いですね。 

どれも発芽していない状態と比べて栄養価が高いことで注目されてますよね。 

今回は「発芽大豆」という食べ物を私めが発見してまいりましたが(笑)これも予想する限り普通の大豆より良い感じなんじゃないの?と思ってます。 


おそらくこの記事を読みに来てくれたあなたも「普通の大豆より発芽大豆が便秘に効くんじゃないか?」と踏んでらっしゃるはず! 

普通の大豆と発芽大豆を比較して発芽大豆が便秘解消に良い理由をバッチリ解説しちゃいますよ^^ 


スポンサーリンク

発芽大豆が話題なのは栄養がケタ違いだから!

発芽大豆がなぜ話題になっているのかというと普通の大豆よりも栄養価がケタ違いに高いからです。 

大豆はいわゆる種にあたる部分を食べるわけなのでもともと栄養がぎゅっと詰まった食べ物なわけなんですが、発芽しようとしている状態がミソでしてね。 

発芽するために大豆はいっぱい栄養を蓄えて準備していよいよ!ってとこが1番栄養が高い時。 

その1番栄養が高い時期の大豆を食べられるようにしたのが発芽大豆です! 


特に違いが大きく便秘解消のために役立つ成分がGABA(ギャバ)大豆オリゴ糖の2つ。 

比較の表をちょっとご覧ください! 

GABAの量 大豆オリゴ糖の量
水煮大豆 3mg 0.79g
スーパー発芽大豆(蒸し) 33mg 1.86g


出典:だいずデイズホームページ http://daizu-days.com/ichiran/ 


GABA(ギャバ)の量は普通の水煮大豆に比べて発芽大豆(蒸し)が11倍、大豆オリゴ糖は2.3倍も多く含まれていることがわかっています。 

しかも表にもあるとおり発芽大豆を「蒸した」ものが1番良いんです! 

水煮ではゆでている間にどんどんゆで汁に溶け出してしまう栄養素も多いんですよね、ビタミンとかイソフラボンとかも。 

それが蒸すと栄養の流出を最小限にできる上に美味しさまでアップするんですよ~^^ 


このGABA(ギャバ)と大豆オリゴ糖が発芽大豆が便秘解消に良いポイントとなってるんです。 


発芽大豆が便秘に良い理由

先ほどの表で示しただいずデイズという会社の比較表では水煮大豆にも多少のGABAが含まれていましたが、商品によっては記載が無いものもありGABAに関しては発芽大豆の特徴と言える栄養素です。 

また大豆オリゴ糖は数種類あるほかのオリゴ糖よりも甘みが強いのが特徴で、蒸し発芽大豆が水煮よりも美味しいのは大豆オリゴ糖が多く含まれているからと言えます。 


この発芽大豆に特徴的な2つの栄養素が便秘解消に役立つ理由を少しだけ解説しますね! 


GABA(ギャバ)の効果

GABAは人間の脳などの中枢神経の中に普通にある物質なんですが、いつもは他の神経伝達物質とバランスを取りながら神経を適度に落ち着かせる役割をしています。 

でも私たちは毎日の生活の中でイライラしたりストレスを感じることがとても多いですよね。 

ストレス過多になるとそれだけたくさんのGABAが必要になって体内で作られる分量だけでは足りなくなるんですよ。 

GABAが足りないと常にイライラして落ち着かなくなったりうつにまでなるなど精神的に不調が出る原因になってしまうんです。 


イライラ、ストレスは便秘の原因のひとつです。 

精神的な不調は自律神経、ひいては腸の動きに多大な影響を与えるので便秘や下痢になりやすくなってしまいます。 

発芽大豆にはGABAが豊富に含まれているのでストレスが多い方のGABA補給にはオススメと言えます。 




大豆オリゴ糖の効果

オリゴ糖には数種類あって基本的に腸内の善玉菌のエサとなって増やしてくれるんですけど、種類によって微妙に特徴が違ってるんです。 

大豆オリゴ糖の特徴は少ない量でも腸内のビフィズス菌を増やせること! 

ちょっとの量で整腸作用が高いので腸内環境の改善に向いているんですよ。 



食物繊維を摂ることは良い便を作るためのアプローチですが、発芽大豆のこの成分は腸を動きや環境の面からサポートしてくれるのが特徴ですね^^ 

毎日ストレスが多い方は自律神経が乱れて腸の動きが鈍くなっている可能性が考えられるので、もしかしたら食物繊維を摂ってもなかなか便秘解消しないなんてことありませんでした? 

腸の動きが悪いところに食物繊維を摂ってもなかなか効果が出なかったのかも。 

GABAと大豆オリゴ糖を摂って食物繊維とは別の角度からアプローチしてみることはとても良いことだと思いますよ! 


スポンサーリンク

大豆を食べるとお腹が張っちゃうのが気になる!

私は子どものころ節分の時おばあちゃんに言われたことがあるんですけど、「豆は食べ過ぎると腹がふくれて痛くなる」って話。 

おそらく経験的に昔の人は分かってたことなんでしょうね、おばあちゃんもお母さんから言われたんだと思います。 

確かに大豆を食べるとお腹が張って恥ずかしながらガスが増える気もします。 


大豆にはたくさんの不溶性食物繊維が含まれていてこれも便秘解消に一役買ってます。 

だけど不溶性食物繊維は多少なりともガスを発生させる原因になるのは事実なんですよね。 

でも人間のガスの多くは飲み込んだ空気で腸内で発生するガスは1割くらいなんだとか! 

なので大豆を食べて一時的にはお腹が張るかもしれないですが消化すれば元に戻るので安心してくださいね。 

気になるようなら食べる量を減らしたり日を空けて食べるようにするなどの工夫で対応できますよ。 


ちなみに人間って1日に10~20回のおなら(量にして500ml~2リットル!)は普通なのでそこまで気にしなくても大丈夫な気がします。 


あと私は奥歯をかみ締めるクセがあってそれもガスを多く発生させる原因だそうです。 

しかも歯医者さんで「かみ締めると圧力がかかって歯の下の骨が盛り上がってきてますよ」って言われてそれから気をつけるようにしてます。(おならとは直接関係ないですけど・・) 

かみ締めグセがある方は気をつけてくださいね! 


今回のまとめ

発芽大豆が水煮大豆より便秘解消に向いてるのはGABA(ギャバ)と大豆オリゴ糖にあったんですね! 

発芽大豆はストレスが多い人に向いている便秘対策かもしれません。 

元々食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消に向いている食べ物ではあるけど、さらにプラスαの効果があるのがミソですね~。 


では今回のまとめです! 

・発芽大豆は芽が出る直前の1番栄養がある時の大豆! 
・発芽大豆を食べるなら蒸したもの! 
・GABA(ギャバ)と大豆オリゴ糖が腸の動きと環境を整えてくれる! 



何より蒸し発芽大豆は美味しくて子どもでも食べるほどらしいので気になった方はお試しするのもいいかもしれませんね! 


大豆など食物繊維を摂っても便秘が良くならない方はこちらの記事を読むべし!
→やば・・便秘に食物繊維が逆効果なんてショックすぎる!その理由とは?


スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^