生理前の便秘と肌荒れの原因はホルモンにあった!するべき対策とは?

お役に立てたらシェアお願いします!







生理前の2週間くらいは便秘がさらに悪化・・ 
私もいつもそうです。 

もうウンともスンとも(笑) 

私のお腹、止まっちゃったのかな?って思うくらいです。 


さらにお化粧もイマイチ決まらない。 
なんか肌がくすんでるし脂っぽいんですよね(オバサンだけど/笑) 


これはおそらく女性は1度は経験したことがあるお悩みでしょう。 


生理前はなんでこんな体の変化があるのかが分かれば 
うまく対策できるかもしれませんよね。 


生理前も元気でキラキラ過ごすために 
お役に立つ情報ですよ! 

スポンサーリンク

生理前の便秘は肌荒れと関係あるのか?

生理前になると特に便秘に悩まされる方は多いと思います。 
周期を把握してない場合でも「なんか便秘だな~」と思ったら生理前だったり。 


この生理前というのは2つ女性ホルモンのうちの 
黄体ホルモン(プロゲステロン)がたくさんはたらいている時期に当たります。 

黄体ホルモンはもし妊娠した時に受精卵がお腹の中で安定して育つように 
子宮の周りの筋肉の収縮を弱めています。 

それが腸の動きまで弱めてしまって 
便秘になりやすくなってしまっているんです。 

また水分を溜め込みやすいのでむくみも起こります。 


便秘になると腸の中はゴミ出しを忘れた夏場とおんなじです。 

腸の中は温かいですからどうしても腐敗が進みガスが発生したりして 
腸の壁から毒素が体に入ってしまいます。 

それが血液に乗って体中に流れて 
皮膚からニキビや吹き出物として現れたりするんです。 


このように生理前は便秘になりやすい時期である上に 
便秘と肌荒れは密接な関係があるために肌荒れを起こしやすいのです。 


生理前にありがちな肌荒れ

生理前の肌荒れは便秘の影響と黄体ホルモンの影響を受けており 
少し特徴があります。 

黄体ホルモンが皮脂の量を増やし水分を溜め込むので 
ニキビや吹き出物、むくみが起こったり肌がいつもより敏感になります。 

脂っぽいなぁと感じる方が多いはずです。 
あとはいつもと同じスキンケアなのにひりひりしたり。 

メイクのノリが悪くて朝イライラしたりしますよね。 


これらは黄体ホルモンに関わるということもあり 
仕方がないとは思うのだけど・・何とかしたいですよね。 


続いてはいつもの生活に少しプラスして 
生理前の時期に注意すべきポイントをお話します。 




生理前の肌荒れを軽くしよう~便秘解消編~

まずは便秘をなるべく改善するように普段から意識しておくことです。 

・食物繊維(特に水溶性)を意識して摂る 
・善玉菌を増やし悪玉菌を減らすような生活をする 
・水分を食事からも意識して摂る 



食物繊維は水溶性が摂りにくいので意識する必要があります。 
水溶性食物繊維は善玉菌を増やすはたらきもあるので一石二鳥ですね。 

水溶性食物繊維は便をやわらかくして出しやすくしてくれる 
大事な栄養素なんですよ! 

みかんの白い筋やりんごにはペクチンという 
水溶性食物繊維の一種が含まれていてオススメです。 


みかんの健康効果についてはこちらの記事で詳しく解説しています! 

→みかんの白い筋は栄養の宝庫!外側のオレンジの皮まで使えるよ


他にもごぼうや海藻類に多く含まれているので 
意識して食べましょうね。 


悪玉菌を減らす生活とは一言で言うと規則正しい生活です。 
悪玉菌の好きなお肉ばかり食べたり睡眠不足は避けるようにしましょう。 


そして水分補給も大事です。 
むくむからと水分を摂らないでいるとますます老廃物が排泄できずに 
悪循環になりますし、便も硬くなり便秘を悪化させます。 

あまりたくさん飲めないという方は 
食事の際に汁物を取り入れるなど工夫してみてください。 

スポンサーリンク

生理前の肌荒れを軽くしよう~スキンケア編~

生理前の肌は脂っぽいけれど敏感になっているということを 
まず頭に入れといてくださいね。 

洗顔の回数を増やすのはNG



脂っぽいからと何回も洗顔するのはNGです。 

かえって皮脂が取れすぎてしまいそれを補うために 
さらに肌が皮脂を出してしまうからです。 

洗顔の回数はいつも通りでOKです。 

しかしメイクをしたまま寝たりするのは言語道断! 

1日出かけるとたくさんの汚れも付いていますので 
家に帰ったらすぐに洗顔して汚れやメイクをちゃんと落としましょう。 

しっかり保湿をする



洗顔をしたらしっかり化粧水で保湿をしましょう。 
保湿が足りないと肌が乾燥してまた皮脂を出そうとするからです。 


コットンパックで5分程度じっくり時間をかけるのもオススメです。 


化粧水などはいつも使っているもので大丈夫! 
肌が敏感になっているので違うものを使ったりすると合わないことがありますよ。 

睡眠をしっかりとる



睡眠をおろそかにするとストレスも体の疲れも取れません。 
特に2時までの体を再生させる時間にしっかり休むということが大切です。 

普段から夜更かしのクセがある方は 
少し気をつけて早めに休むように心がけましょうね。 


今回のまとめ

生理前の2週間だけじゃなくて普段から少しずつ気をつけることで 
生理前の便秘と肌荒れを軽くすることができます。 

ちょっと気をつけることがなかなか難しいんですけどね・・・(笑) 

生理が始まると体調がすぐれない方も多いと思うので 
その時はしっかり体をいたわる、 

それ以外の時期はちょっとだけ自分を律して(笑) 
メイクしたまま絶対寝ない!とかうまく切り替えすることが大切ですね! 


こちらの記事も合わせて読むとオススメ! 
→悪玉菌を減らす方法はイメージすればかんたん!キャラ設定して解説

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^