便秘で病院に行きたい場合は何科を受診すればいいかわかります!

お役に立てたらシェアお願いします!




便秘で病院に行きたい場合は何科を受診すればいい


「どうにもこうにも何をしても便秘が改善されない」 
「薬を使わないと出なくて不安」 


など病院の受診を考えている方は 
何科を受診したらいいかご存知ですか? 


便秘の問題はとてもデリケートなので 
どんな診察や治療をするのかも気になりますよね? 


特に便秘薬に依存気味の方には早く病院に行ってほしいので 
どの科を受診すべきか、どんな診察をするか調べました。 


これを読めば少しでも心の準備ができて 
落ち着いて診察を受けられると思うのでぜひ読んでくださいね。 

スポンサーリンク

便秘で病院を受診するなら便秘外来がおすすめ

便秘の程度は個人で違うでしょうが 
なんとかしたいという思いから受診しようと思ったはずです。 

そこはやはり便秘の専門である便秘外来がおすすめです。 


しかし数も少ないですし病院によっては 
数年待ちというところもあるのが実情です。 

もしどうしても有名な病院の便秘外来を受診したい場合は 
早く問い合わせをして予約が取れるのか確認しましょう。 

辛いのに何年も待つのでは本末転倒ですし 
病気が隠れていた場合手遅れにもなりかねませんので 
予約が取れない場合は他の病院を受診するように考えてください。 


では便秘外来は数が少なく行ける範囲にはないという場合は 
何かを受診したらいいのでしょうか。 


便秘外来ができる前は胃腸科や消化器内科で受診できましたので 
現在でもそちらで診てもらえます。 

念のため行ってみようかなという病院を決めたら 
便秘で受診したい旨を問い合わせて予約を取っておくといいでしょう。 


また以前から200床以上の病院で紹介状がない場合は特別料金がかかる場合がありました。 
2016年4月から500床以上の大病院の特定療養費制度も始まりました。 


もし大病院を受診するか考えている場合は紹介状がない場合についての料金を 
事前に問い合わせておく
とお金の面で安心して受診できますね。 


どんな診察をするの?

基本的には以下のような流れで診察が行われます。 

・問診 
・聴診、触診 
・必要であればレントゲンや大腸内視鏡検査 
・処置 
・投薬 



便秘の裏に重大な病気が隠れていないかということを 
念頭において診察が行われます。 

軽度の便秘と判断されれば薬が処方されて終わりということが多いようです。 


ですが長期的に便秘薬を常用してしまって便意や腸の活動が 
大きく低下している場合や病気が疑われる場合は詳しい検査が行われます。 

スポンサーリンク

便秘のことを話すのは恥ずかしいけど・・・

医師には男性が多いですので女性の場合は 
便秘のことを話すのは恥ずかしいと思ってしまう方もいるでしょう。 

しかし病院で診察を受けるからには恥ずかしいからと 
嘘を言ったりごまかすのは何の得にもなりません。 


便秘はさまざまな要因が絡んでいるため普段の生活の情報が重要です。 


便の状態やダイエットの有無など踏み込んだことも聞かれますが 
病気が隠れていないかどんな便秘のタイプなのか判断するためですので 
しっかり答える準備をしておきましょう。 


あと女性が気になるのはいきなり浣腸なんてことになったらどうしよう 
と心配ですよね? 

浣腸は直腸に便が固まっている場合に行われる処置で 
便秘で受診したからといって必ずされるということはありません。 

するかもしれない場合でも説明がありますので 
しっかり聞いてご自身でも質問して処置を受けるかどうか医師と相談しましょう。 


今回のまとめ

私も1度ひどい便秘で入院したことがあるのでよく分かるのですが 
病院に行くべきかなかなかきっかけがつかめないですよね。 

いろんな不安があって、でも体も心配で葛藤があって 
私は時間が経ってしまってました。 


それが入院するまでになってしまいました。 


冒頭でも書きましたが便秘薬がないと出ない方は 
早く便秘薬がなくてもちゃんと排便できるように治療を受けてほしいです。 

ずっと強い便秘薬を使っていると腸が動かなくなってしまうので。 


たくさん不安があるかもしれませんが 
勇気を出して病院に相談してみてください。 



合わせてこちらの記事もお読みください。 
→便秘薬の副作用は必ず知っておいて!副作用が起きた時の対処法も解説

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^