便秘薬が効かない理由は自分のせいかも!?正しい飲み方のススメ

お役に立てたらシェアお願いします!







便秘の時に便秘薬を使うけれどあまり効かないんだよねという方 
しっかり薬の使い方を意識して飲んでいますか? 

市販ですぐ買えるからちょっと飲んでみようかなと 
気軽に飲み始めることが多いですよね。 


私も実際使ったことあるんですがお腹が痛くなってしまって 
ツラかったのであまり使うようにはなりませんでした。 


私の場合、そんなこんなで使い続けるには至らなかったのですが 
お通じの度に飲まないと出ないという方、毎日飲んでいる方はちょっと待った! 

その飲み方は危険かもしれません。 


便秘薬の種類によっては使い続けた場合に効かなくなる可能性があるんです。 
さっそく自分の使っている便秘薬の箱を見てみましょう。 

スポンサーリンク

便秘薬が効かない理由は”シゲキが足りない”から

市販の便秘薬をお使いの方は自分が使っている薬の箱を見てみてください。 
成分の欄になんと書かれていますか? 

便秘薬(下剤)には大きく分けて2種類のタイプがあります。 

1.大腸を刺激して強制的にぜん動運動を起こさせるタイプ 
2.薬の成分で便に水分を与えやわらかくし、出しやすくするタイプ 



飲んでいる薬の箱にこのような成分が書いてあれば1の大腸刺激性下剤タイプです。 

・ピコスルファート 
・ビサコジル 
・大黄(だいおう) 
・センナ 
・アロエ 



確認できましたか? 

これらの便秘薬はドラッグストアで最も一般的に販売されているので 
使用している方もたくさんいるのですが注意しなければならないことがあります。 


大腸刺激性下剤は「長期間使用すると刺激に慣れて効かなくなる」可能性があるのです! 
これが便秘薬が効かない理由として最も考えられるパターンとも言えます。 

使い始めは効いていたのに効かなくなったという方はこのパターンかも知れません。 


ご自身の便秘薬に使い方を振り返ってみてください。 

・毎日もしくは数日おきでも長期間飲んでいた 
・効かないから自分の判断で飲む量を増やした(増やしたら出た) 


このような場合は腸が刺激に慣れてしまって効かなくなっているのかも。 


薬を毎日とか少し長い間飲んだだけでそんなことになるの?って思いますよね。 
薬って悪いものじゃないはずなのに・・・って。 

これは便秘薬の目的をキチンと知る必要があります。 


便秘薬は使い続ける薬じゃなかった

便秘薬は名前からして便秘が治る薬のように思ってしまいますが 
こう聞くとどうですか? 

「下剤」 

一気にイメージが変わりません? 
便秘薬は下剤=便を出すための薬です。 


これでもまだ「便が出てくれるようになるなら良い」と思ってしまうんですけど 
ちょっとその考えはマズイです。 

気持ちはものすごくよく分かります。 
便秘で1週間とか便が出ないツラさははっきり言ってハンパじゃないです。 
だから便さえ出てくれたら・・と思ってしまいますよね。 


でも考えてください。 


便を出すための薬ではあるんですけど・・・ 
あなたの最終目標は「ただ便を出す」ことですか?ということです。 


おそらく誰でも薬に頼らず自然に便が出ればいいなと思っているはずです。 


だったら便秘薬を毎日や排便したい度に使って便を出すということは 
ちょっとズレてることももうお分かりですよね? 

便秘薬を使い続けて無理やり腸を刺激して排便しているのは 
私たちの便秘解消としてめざすべき方向ではないのです。 

これが便秘薬は使い続ける薬ではない理由です。 


もちろんどうしても苦しい時などに一時的に使う分には 
問題のある薬ではありませんし、我慢して倒れたりしたら大変です。 

ただ使い方・目的はキチンと知って 
体に負担がかかるような使い方をするのは避けましょうということが言いたかったんです。 

便秘薬はどうしても便が出ず苦しい時に一時的に使う薬であるということをもう1度しっかり意識しましょう! 


本当に便秘を治すなら大変ではありますが 
自分でがんばって生活習慣や食生活を見直していくことが必須です。 

時間もかかるし大変なんですけど 
そこが最終目標なので一緒にがんばって行きましょう! 

続いては便秘を治していくための方法をおさらいしていきますよ。 




便秘薬が効かないならどうやって便秘を治せばいいんだ!

ずっと薬を使っていると便秘薬に頼らないなんて無理なんじゃないかなって思うと思います。 
だってそのくらい出ないんですもんね。 


確かにすぐには無理ですが自然な排便はできるようになります。 


そのためには生活習慣や食生活を見直して 
排便のリズムを作ったり、腸内環境を整えていくのが近道です。 

遠回りなようですが近道です!

少しずつできることをやろう!

便秘になる理由はさまざまな要因が絡み合っていますが 
基本的には腸内環境の悪化や便意をガマンしたりすることが大きいと言われています。 

お肉ばかりで野菜や果物をあまり食べない生活や 
朝トイレに座る時間がなくてついついガマンしてしまったり。 


腸内環境悪化の原因となる悪玉菌は 
お肉が大好物なのでお肉ばかりの生活は良いとは言えません。 

排便したいのに時間がないからとガマンしてしまうと 
腸のセンサーはそのうち「しなくていいんだ」と働かなくなってしまいます。 


そんなこと?と思うくらいのことなんですけど 
そんなこと?くらいのことが1番改善が難しかったりします。 

ここで「そんなことぐらいならやらなくていいや」と思ったら 
便秘解消は難しくなっちゃいます。 


まずは食生活を見直しましょう。 

水溶性、不溶性2種類の食物繊維をバランスよく摂れる食べ物や 
善玉菌として働いてくれる乳酸菌やビフィズス菌を補給するようにします。 

そして善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含む食べ物も積極的に食べましょう。 

これらは一時的にするだけでなく長期的に改善していかなければなりません。 
長い目で見て少しずつできることからでいいんです。 


生活習慣も大切です。 

腸が活発に働くのはリラックスして休んでいる時と言われていますので 
遅くまでスマホを見たりするのはほどほどにしっかり寝ましょう。 

そして朝は10分でも早く起きてトイレに座ってみましょう。 
出なくても習慣付けるのがポイントだと言われています。 

だんだんと体が「この時間は排便か!」と思ってくれるようになるそうです。 


快便のための生活習慣についてはこちらの記事をご覧ください! 
→快便の人に学ぼう!快便になる方法



ここに書いた方法が便秘解消法のすべてではありません。 
さまざまな便秘解消方法がいろんなところで紹介されていて合う合わないも当然あります。 

やってみて効かなかったとしてあきらめずに 
自分の体のために合う方法を見つけていこうじゃありませんか。 

人生は長いですし周りの人のためにも健康でいなければいけませんからね! 


今回のまとめ

刺激性の便秘薬は効果が強い反面、慣れてしまって効かなくなるなんて怖いですよね。 

実は私の友人にも自己判断で量を増やして飲んでいて 
現在病院に通っている人がいます。 

こんな風にならないように今回は便秘薬が効かない理由や 
ずっと飲むものじゃないということをお伝えしました。 


私の友人のように重度の依存のようになってしまうと 
医師の指示で少しずつ薬を減らしていくようにしなくてはならないみたいです。 

ですのでもし不安があるようなら1度病院にいくことをオススメします。 


本当に便秘を改善するなら時間はかかりますが 
絶対にやっていくべきです。 

私も時間はかかりましたが今は薬は使わずに出ていますよ! 


自然になお通じをみんなで目指しましょうね! 



次に読むべき記事はコチラ! 
→快便とはどんな状態のこと?長年の便秘で忘れてしまっている方へ

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^