便秘は何日出なかったら病院へ行くべきなのか迷っている方へ

お役に立てたらシェアお願いします!




便秘は何日出なかったら病院へ行くべきなのか迷っている方へ


便秘の人はたくさんいますが便秘で病院に行くってあまり聞かないですよね。 
デリケートな問題なだけに行っても人には話さないのかもしれません。 

そのため便秘で悩んでいて病院に行こうか迷っていても 
どの程度で行っていいものなのかわからないですよね。 


その点「何日便秘の場合は病院へ行くべき」という目安があったら 
わかりやすいのになと思ったことありませんか? 

今回は病院に行った方がいい便秘の状態を詳しく解説しています。 


悩んでいる方はきっと参考になるはずですので 
ぜひ読んでくださいね。 

スポンサーリンク

何日便秘だったら病院に行くべきなのかよくわからない

何日便が出なかったら病院へ行くべきなのか 
よくわからないですよね。 

長年便秘でいると3日くらいの便秘はよくあることだし 
気づいたら1週間出てないなんてことあったりします。 


何日くらい便が出ないと病院に行くべきなのか 
それは「何日とは決められない」と言うのが一般的な見解のようです。 

個人によって症状も違いますし何日出てないから危険ということは 
実際に診察してもらうまではわからないというのが実際のところです。 


ただし病気によって便秘になっている場合もありますし 
便秘は病気じゃないから病院には行けないと思っているならそれは間違いです。 


・自分でできる対策をしてもいつも1週間くらい便秘が当たり前 
・いつも辛い腹痛がある 
・排便の時に血が出ているようだ 
・便秘薬を飲まないと排便できない 
・便秘と下痢が交互にある 



このような症状がある場合は病院へ行くことを考えても良い状態です。 

またこのような症状でなくてもご自身が辛い場合は早めに受診して 
しっかり原因がわかって対処できた方が精神的にも良いと私は思います。 

便秘のタイプによっては便秘薬を飲んでもダメな場合もあったり 
実はやってはいけない対策をしていたということもあります。 


ご自身の体調とよく向き合って体のことを考えることも 
とても重要なことだと思います。 


便秘とはそもそもどんな状態なのか

日本国内の学会や国際基準から照らして 
以下のような場合は便秘と考えることが多いです。 

・3日以上排便がない 
・毎日排便はあるが残便感がある 
・排便が困難(便があまりに硬い、無理やり出すことがある、強くいきむ)



この基準にビックリする方も納得する方もいらっしゃると思います。 

ポイントは毎日排便があっても残便感があったら便秘というところでしょう。 
残便感とはウンチが出てもスッキリしない状態のことです。 

残便感ってけっこう曲者で病気が悪さをして起こっている場合もあるので 
毎日出ていても気をつけなさいということなんだと思います。 


さらに言えば数日に1回しか排便がなくても 
苦痛なくスッキリできているのであれば治療する必要はないという見解もあります。 


確かにこの基準を見ると病院へ行ったほうがよい 
便秘の日数が決まっていないというのもわかりますね。 


便秘は何日出なかったら病院へ行くべきなのか迷っている方へ

ひと休みコラム:健康な人の便とは?

回数に関しては個人差があり毎日出ても残便感があると 
便秘と考えられるということがわかりましたね。 

回数以外にも便秘の人の便は良くない便であることが多いと思うので 
改めて健康な便はどんなものなのかおさらいしておきましょう。 


・量はバナナ1本分程度(約150g) 
・太さもバナナ程度 
・色は黄土色~茶色 
・少しいきめばするっと出る 
・拭いてもペーパーにほとんど付かない 
・スッキリする 



このような便の状態が良い便と言えます。 

特にペーパーにほとんど付かないというのは納得ですね。 
たまにスッキリできたときは拭かなくてもいけるぐらいの感じですもんね。 


病気が隠れていないのがわかっていれば 
このような便が出るように生活習慣や食生活に気をつけないといけないですね。 

スポンサーリンク

便秘で病院に行ったらどんな診察をするのか?

便秘で病院に行く場合は一般的に胃腸科や消化器内科が多いはずです。 
もし痔を伴っている場合は肛門科でも良いでしょう。 

住まいのお近くに便秘外来を掲げている病院があるようなら 
専門的に診てもらえます。 


便秘外来で有名な先生がいたりする場合は年単位で予約待ちになることもあるので 
事前に問い合わせておくことをオススメします。 


診察は問診、触診があり、必要であればレントゲンやエコーなどの 
検査をする場合もあります。 

症状によっては浣腸などの処置が行われる場合もあります。 


問診は排便の状況や便秘薬の使用の有無など踏み込んで聞かれると思います。 
恥ずかしいかもしれませんが正直に答えましょう。 

隠して正確な状況がつかめないために解決が遅れたりしては意味がないですからね。 


まれに病院でデリカシーのない対応をされたとかいう話も聞きます。
対応や説明に納得がいかなかったら別の病院の意見を聞くことも必要かもしれません。 

納得した上でキチンと便秘解消に取り組むことが大切ですから 
その辺は変に我慢するのは良くないですよ。 


今回のまとめ

便秘に対する考えには個人差があり 
気にしすぎても精神的に良くなくかえって便秘を悪化させたりします。 

ですが便秘になっても出ればいいという感覚で便秘薬に頼ってばかりいたり 
仕事で忙しくしているからと1週間以上排便がないことが何回もあるったりする場合は 
本当に危険なことも充分ありえます。 

怖い話ではあまりにひどい便秘で腸に穴が開いてお腹の中に便が漏れ出し 
死亡することもあるんです。 


自分の普段の状態とおかしいなと思う状態がわからないという方は 
もう少しご自身の体と向き合うべきだと思います。 

私もひどい便秘を放置して入院したことがあるので 
言える立場ではないかもしれませんが同じような思いをしてほしくありません。 

私ももう2度と自己管理をおろそかにして便秘をひどくしないように気をつけています。 


救急車で運ばれたりすることのないように 
ご自身の体をしっかり見つめて必要があれば病院に行くようにしましょう。 

スポンサーリンク



お役に立てたらシェアお願いします!

フォローもどしどしお待ちしています^^